宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本語教育能力検定試験勉強法 #3 各出題範囲の個人的感想

出題範囲については、前回ご説明しましたが、今日は各ジャンルについての個人的感想や効用をメモ書き風に書いてみたいと思います。あまり「勉強法」とは関係ないように見えるかもしれませんが、受験勉強中の方のヒントになればという気持ちから書いてみました。言うまでもないことですが、真剣に日本語教師を目指されるのであれば、どのジャンルも勉強して無駄になることは一切ないでしょう。

1.社会・文化・地域
諸外国との関係や日本社会の項目は、普段からニュースに目を通しているので、それほど苦労はなかった。日本語教育史や言語政策については、知らなかったことも多く、大変ためになった。日本語教育と国語教育の差異は(後者に携わっていることもあり)、国語教育というものを深く考える契機を与えてくれた。

2.言語と社会
自分の興味分野(読書分野といってもいい)と重なっていたので、勉強がとても楽しく思えた。非言語(ノンバーバル)による伝達行動やバイリンガリズムには以前から興味があったので、それなりに本を読んでいたが、今回の受験勉強がさらに知見を深める機会となってくれた。具体的には、子供向きの英会話講座や教室がほとんどといってよいほど効果を上げていない現実、バイリンガリズム教育の持つ危険性などをより深く理解できるようになったと思う。

3.言語と心理
心理学についても、自分の興味分野と重なっていたので、勉強が楽しく思えた。大学の教養課程で習っていた英語の先生が認知心理学を専門とする方で、英文解釈と共に認知心理学の初歩を教えて下さったのだが、その時の知識が役立った。人生、何が役立つか分からない。第二言語習得理論は、これから英語を習得する子ども達・現在進行形で英語を習得している子ども達に接する者として、今後もう少し深く勉強してみたいと感じた。

4.言語と教育
教育問題に関する本は時々読むが、「教育学」についてはほとんど素養がないに等しかった。人にものを教えるという仕事柄、ある程度勉強をしておきたかったが、今回の受験勉強がよい機会となった。仕事上自然と身に付いたスキルが、それなりに教育学的なセオリーに沿っていたことに気づいたことも収穫だった。今後もう少し勉強を深めてみたい分野だと思う。

5.言語一般
既知の事柄が多いため、もっとも勉強が楽な分野だった(音声・音韻体系を除く)。その割に、国語を指導するという観点からは、大きな収穫があった。私が指導の対象としている生徒(とくに小学生)は日本語能力が発達途上にあり、その点で、初めて日本語を習得する外国人との共通性を多く有する。私自身、日本式の国文法(学校文法といってもよいし橋本文法といってもよい)に慣れ親しんできたし、生徒にもおおむねその範囲内での説明を加えてきたが、外国語としての日本語の構造理解は、異なる観点からの説明を可能としてくれた。早速、実際の授業にも反映させている。中でも、ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティ(ムード)から日本語を捉えるという観点はとても新鮮に思えた。英文法で学ぶ概念の日本語構造への適用は、二語の関連を深く考える基礎を与えてくれるだろう。英語の学習が進んでいる高校生に国語を教える際(または国語の得意な高校生に英語を教える際)にも、これらの知識は応用可能だと言える。
なお、音声学の分野は全く未知の分野であったため、勉強に時間を割いた。私の現在の仕事に直接役立つ知識ではないが、外国人に日本語を教える際には必要不可欠な知識であり、出題も多いので、念には念を入れて勉強した。

そろそろ、具体的なスケジュールや利用書籍についても書いてみたいと思います。

※ 日本語教育能力検定試験関連の記事は、カテゴリ「日本語教育能力検定試験」からご覧下さい。





スポンサーサイト

PageTop

日本語教育能力検定試験勉強法 #2 出題範囲を押さえる

日本語教育能力検定試験の勉強で何よりも大切なのは、出題範囲を押さえておくことでしょう。出題されない事柄を勉強しても、試験勉強という観点からは無意味ですからね。

出題範囲はかなりの広範囲にわたりますが、大きく分ければ下記の五分野となります。

 1.地理学歴史学的分野

 2.社会学的分野

 3.心理学的分野

 4.教育学的分野

 5.言語学的分野

どの分野ももちろん大切ですが、言語学と教育学を大きな骨組みと考え、社会学・心理学・地理学歴史学的な部分を周辺領域と捉えれば、勉強のメリハリが付けられるかと思います。

かなり長くなりますが、公式サイトから詳細な出題範囲を引用してみましょう。

(下記は、JEES 日本語教育能力検定試験出題範囲から引用しています。)

【出題範囲】
次の通りとする。主要項目のうち、「基礎項目」は優先的に出題される。ただし、全範囲にわたって出題されるとは限らない。

(赤字は「基礎項目」)

1 社会・文化・地域
 1.世界と日本
  (1)諸外国・地域と日本
  (2)日本の社会と文化
 2.異文化接触
  (1)異文化適応・調整
  (2)人口の移動(移民・難民政策を含む。)
  (3)児童生徒の文化間移動
 3.日本語教育の歴史と現状
  (1)日本語教育史
  (2)日本語教育と国語教育
  (3)言語政策
  (4)日本語の教育哲学
  (5)日本語及び日本語教育に関する試験
  (6)日本語教育事情:世界の各地域,日本の各地域
 4.日本語教員の資質・能力

2 言語と社会
 1.言語と社会の関係
  (1)社会文化能力
  (2)言語接触・言語管理
  (3)言語政策
  (4)各国の教育制度・教育事情
  (5)社会言語学・言語社会学
 2.言語使用と社会
  (1)言語変種
  (2)待遇・敬意表現
  (3)言語・非言語行動
  (4)コミュニケーション学
 3.異文化コミュニケーションと社会
  (1)言語・文化相対主義
  (2)二言語併用主義(バイリンガリズム(政策))
  (3)多文化・多言語主義
  (4)アイデンティティ(自己確認,帰属意識)

3 言語と心理
 1.言語理解の過程
  (1)予測・推測能力
  (2)談話理解
  (3)記憶・視点
  (4)心理言語学・認知言語学
 2.言語習得・発達
  (1)習得過程(第一言語・第二言語)
  (2)中間言語

  (3)二言語併用主義(バイリンガリズム)
  (4)ストラテジー(学習方略)
  (5)学習者タイプ
 3.異文化理解と心理
  (1)社会的技能・技術(スキル)
  (2)異文化受容・適応
  (3)日本語教育・学習の情意的側面
  (4)日本語教育と障害者教育

4 言語と教育
 1.言語教育法・実技(実習)
  (1)実践的知識・能力
  (2)コースデザイン(教育課程編成),カリキュラム編成
  (3)教授法
  (4)評価法
  (5)教育実技(実習)
  (6)自己点検・授業分析能力
  (7)誤用分析
  (8)教材分析・開発
  (9)教室・言語環境の設定
  (10)目的・対象別日本語教育法

 2.異文化間教育・コミュニケーション教育
  (1)異文化間教育・多文化教育
  (2)国際・比較教育
  (3)国際理解教育
  (4)コミュニケーション教育
  (5)異文化受容訓練
  (6)言語間対照
  (7)学習者の権利
 3.言語教育と情報
  (1)データ処理
  (2)メディア/情報技術活用能力(リテラシー)
  (3)学習支援・促進者(ファシリテータ)の養成
  (4)教材開発・選択
  (5)知的所有権問題
  (6)教育工学

5 言語一般
 1.言語の構造一般
  (1)言語の類型
  (2)世界の諸言語
  (3)一般言語学・日本語学・対照言語学

  (4)理論言語学・応用言語学
 2.日本語の構造
  (1)日本語の構造
  (2)音声・音韻体系
  (3)形態・語彙体系
  (4)文法体系
  (5)意味体系
  (6)語用論的規範
  (7)文字と表記

  (8)日本語史
 3.コミュニケーション能力
  (1)受容・理解能力
  (2)言語運用能力
  (3)社会文化能力
  (4)対人関係能力
  (5)異文化調整能力


全範囲をしっかり勉強すべきですが、出題者側が赤文字で強調している分野はとりわけ重点的に勉強せねばなりません。前述したように、言語学と教育学の分野が最重要であることが、公式発表からも読み取っていただけるかと思います。

各自の興味や大学の専攻分野によって、得意分野・不得意分野があるとは思いますが、やはり言語学と教育学から勉強を始めるのが私としてはお薦めです。

個人的には、どのジャンルも勉強していて面白くためになりました。各ジャンルの勉強を振り返っての感想・効用は別記事にします。

※ 日本語教育能力検定試験関連の記事は、カテゴリ「日本語教育能力検定試験」からご覧下さい。





PageTop

日本語教育能力検定試験勉強法 #1 独学は可能か

ちょっと時間が空いてしまいましたが、日本語教育能力検定試験の話を続けます。

外国人に日本語を教えるのに必要となる「公的な」資格は、厳密に言えば存在しません。ただ、日本語学校の求人情報などによると、指導者となるには、下記のような一定の条件が「事実上」要求されているようです。

 1.大学で日本語教育を主専攻または副専攻して修了した人

 2.日本語教師養成講座420時間を修了した人

 3.日本語教育能力検定試験に合格した人

上記の条件のいずれかを満たして、はじめて「事実上の」有資格者と認められるというわけです。

私の場合、出身学部は法学部ですので「1」はダメ。かといって「2」の420時間の講座を受けるほどの時間はありません。前述したように、それで食べていこうというわけではありませんから、「3」の日本語教育能力検定試験の一択と言うことになります。

勉強を始める前にウェブなどで情報を集めていたとき、結構見かけたのが、「問題が難しく広範囲にわたるので、独学は非常に難しい」という話でした。確かに後述するように、試験範囲はかなりの広範囲にわたります。しかし、一定以上の熱意を持って勉強を継続できる方なら、この試験、十分独学で合格しうると思います。

自分のペースで勉強を進めるほうが性に合うという方に、独学が合うことは当然ですが、金銭的余裕のない方も、独学を選択せざるをえないでしょう。

詳しく調べたわけではありませんが、各種学校の講座をウェブでチラチラ見ていると、420時間の講座で50万円程度の費用がかかるようです。日本語教育能力検定試験に特化した対策講座も取ると65万円ぐらいでしょうか。ウェブなどで対策講座を受けても、費用は30万円程度必要なようです。

もちろん、講座を受ければ、単なるペーパーテスト的な知識に止まらず、実際の授業運営に即した知識も身に付くでしょうし、教育実習的な体験もできるでしょうから、人によっては大きな価値があると思います。ペースメーカーがないとダメという方にも、講座の受講が適しているでしょう。あくまで内容が充実しているという前提付きですが、受ける授業サービスを考えると、上述の受講料が高すぎるとは思いません。

ただ、私自身は、仕事と並行しての勉強ですし、独学大好き野郎ですから(笑)、当たり前のこととして独学を選択しました。自分で試験内容や傾向を調査し、勉強計画を立てる。やるべきことを着実にこなし、試験直前には猛スピードでぶっ飛ばす勉強をする。

時間をかなり切り詰めた勉強でしたが、成績自体はそれなりに良好だったので、取った勉強の方法は間違ってはいなかったと思います。もちろん、かかった費用も書籍代だけですから、桁違いに安くあがっています。ちゃんと計算していませんが、購入した書籍は全部で25000円程度です(結局使わなかったものもいくつかあったので、今考えるともう少し安くあげられたかも)。あ、受験費用10000円少々も必要になる費用ですね。

お金も時間もないから、独学で日本語教育能力検定試験に受かりたい!という方向きに、私の利用した書籍やスケジューリングをぼちぼちとご紹介してゆきたいと思います。あまり期待せずに待っていただければ幸いです。

※ 日本語教育能力検定試験関連の記事は、カテゴリ「日本語教育能力検定試験」からご覧下さい。





PageTop

日本語教育能力検定試験合格 #2 受験の理由

2011年度の日本語教育能力検定試験に合格しましたが、受験を考えたのは下記のような理由によります。昨年、漢検1級合格の際に書いた記事とよく似た趣旨です。

1.塾としての存在証明

私は一般的な塾と国語専門塾を運営しており、どちらにも同じだけの熱意を注いでいるんですが、特に後者の国語塾は受験国語に特化していることもあって、近畿圏だけではなく中部地方や四国地方からもお問い合わせを頂くようになっています。こんな小規模な塾なのに、本当に有り難いことです。

売り上げや生徒数などを競う気持ちはさらさら無いんですが ー 多分他塾と比較にすらならないと思います(苦笑) ー 国語塾としての知識・指導については国内トップクラスたるべく頑張っています。そういう意味で、価値のある国語・日本語関連の検定試験があれば、最上級を取っておき、国語塾としての実力を証明しておかねばならないと常々考えています。

国語塾といっても、資格が必要なわけではなく、誰でも参入可能な業態に過ぎません。その気になれば、あなたも明日から開業できます(笑)。こういう業界は、勢い玉石混淆状態になってしまうわけですが、その中で生き残ることができるのは、やっぱり実力を備えた本物だけだと思うんですね。

また、通塾いただいている生徒さんや保護者さんに、ご安心頂きたいという思いもあります。「この人についていけば大丈夫」「こいつに任せておけば大丈夫」と思って頂くことは、学力を伸ばす上で非常に大切な部分です。そのために必要とされるのは、小手先のテクニックなどではなく、指導者の圧倒的な学力・実力だと確信しています。高校生の頃の私自身、そういう先生の話しか聞く気になれなかったんですよね(嫌なヤツだな)。

常に研鑽を続け、他塾に「一歩」先んじるのではなく、「五歩十歩」と先んじる。そして意識・リテラシーの高い保護者様や生徒さんに当塾を選んでいただく。それが当塾の生きる道だと考えています。

2.勉強自体が楽しい

私の場合、仕事柄、人様に勉強しろという立場にあるわけですが、やはり自分も勉強していないと説得力がありません。もちろん、「俺もこれだけ勉強しているんだから、君も勉強しろ」なんてバカな強制を生徒にしたことはありませんし、これからもするつもりはありません。

ただ、「ちゃんとトレーニング・勉強して自分を高め続けている人」というのは、どこかしらそういうムードがかもし出されるもので、人を指導するという立場上、そうした「向上型人間」である必要があると思うんですよね。私の経験上、「向上型人間」の周りには、似たような人達が集まる傾向があり(逆も又然り)、そうだとすれば、塾の運営者たるもの、常に何かを勉強し続けなくてはならないのではないか、と考えているわけです(と偉そうに言ってはいるものの、外見がうすぼんやりしているので説得力に欠けますね(涙))。

じゃあ、義務的にいやいや勉強しているのかと言うと、そうでもありません。むしろこの年齢になると、勉強の楽しさがより深く分かります。知らないことを知り、自分をレベルアップしてゆくというのは人間の根本的な喜びではないでしょうか。

今回の日本語教育能力検定試験に向けた勉強ですと、言語学や日本語の統語論を今までと違う角度から確認できたのは大きな収穫でしたし、教授法や第二言語習得理論は今後の授業に直接的に役立てることができそうです。関連する社会学や心理学はとても興味深いものでしたし、音声学・音韻論は全く未知の分野でしたから、眼から鱗が落ちまくりました(笑)。



能書きはこれぐらいにして、受験勉強中の方々に役立つような内容面に入っていきたいと思います。具体的には、日本語教育能力検定試験の内容、合格までのスケジュール、利用した書籍、試験当日の話などを記事としてまとめていく予定です。

※ 日本語教育能力検定試験関連の記事は、カテゴリ「日本語教育能力検定試験」からご覧下さい。




PageTop

日本語教育能力検定試験合格 #1

2011年度日本語教育能力検定試験に合格しました。初回受験ですので、一発合格ということになります。通算勉強期間は約1ヶ月。
2011121901.jpg
(合格証書には写真があるんですが、お見せするレベルにないので消してあります(笑))

日本語教育能力検定試験をよくご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんので(私も半年前までそうでした)、試験内容や関連データについて少し説明しておきましょう。

日本語・国語に関する検定試験はいくつかありますが、大きく分けて「日本語を母語とする者向きの検定試験」と「日本語を母語としない者向きの検定試験」があります。

前者の「日本語を母語とする者(日本語ネイティブ)向きの検定試験」としては、「日本語検定」「漢字検定」などが挙げられます。これらは原則として日本語ネイティブ向けですから、このブログをご覧の方々の中にもご存知の方が多いかと思います。

後者の「日本語を母語としない者(日本語非ネイティブ)向きの検定試験」は、私も不勉強で最近までよく知らなかったんですが、下記の二つが特に重要な試験とされています。

「日本語能力試験」(日能試・JLPT)
日本語学習者向けの日本語能力認定試験。各回の受験者数が40万人~50万人程度にのぼる最も大規模な日本語学力認定試験です。国内はもちろん海外でも実施されています。日本語ネイティブにとっての「英検」をお考えいただければ分かりやすいかと思います。

「日本留学試験」(日留試・EJU)
私費留学希望者に対する大学入学のための選考試験。学習・研究活動に必要な日本語の学力(アカデミック・ジャパニーズ)が試されます。日本語ネイティブにとっての「TOEFLテスト」をお考えいただければ分かりやすいかと思います。

日本語教育能力検定試験は、上記のような試験とはやや趣を異にする試験で、外国人に日本語を教える教員としての能力を試す試験です。やや語弊はあるかもしれませんが、簡単に言えば、「(外国人に教える)日本語教員になるための資格試験」ということです。

公式サイトにある、日本語教育能力検定試験実施要項には、こう記されています。

日本語教員となるために学習している者、日本語教員として教育に携わっている者を対象として、日本語教育の実践につながる体系的な知識が基礎的な水準に達しているかどうか、状況に応じてそれらの知識を関連づけ多様な現場に対応する能力が基礎的な水準に達しているかどうかを検定することを目的とする。




実は私も今年の6月頃まで、これらの試験についてよく知りませんでした。このブログ(というかどのようなブログでも)、どんな言葉で検索してご覧頂いているかを管理者権限で見ることが出来るようになっていまして、時々サーチワードを見るようにしているんですが、今年の6月頃、「日本語能力試験」や「日本語教育能力検定試験」というサーチワードを眼にすることが数回ありました。このブログが「日本語検定」や「漢字検定」を取り上げているせいでしょう。少し気になった私は、上記試験について調べてみました。
(サーチワードから仕事上のヒントをもらうことが多く、検索して下さる方にはとても感謝しています。)

判明したことは次の通り。

◯ 日本語非ネイティブ向きの試験として「日本語能力試験(日能試・JLPT)」「日本留学試験(日留試・EJU)」がある。

◯ (外国人に教える)日本語教員になるための資格試験として、「日本語教育能力検定試験」がある。


私、生まれも育ちもチャキチャキの日本人ですから、さすがに日本語非ネイティブ向きの試験を受ける必要は感じませんが(英語ネイティブがTOEICを受けるがごとし)、「日本語教育能力検定試験」には強く興味を覚えました。

現在、私は国語塾と一般塾を運営しており、日本語話者に国語を教えることを生業としているわけですが、外国人に日本語を教えるという観点から国語・日本語を捉えなおすことは、自分にとっても生徒さんにとってもいくらかの利益になる、そんな直感があったんですね。

実際、日本語教育能力検定試験に合格した今、振り返ってみると受験勉強は「いくらかの利益」どころか「大きな利益」をもたらしてくれたんですが、このあたりはまた詳述するとしましょう。



直近の合格者データも紹介しておきます。

<平成22年度>
 応募者数 6823人
 受験者数 5616人
 合格者数 1197人
 合格率(応募者ベース) 17.5%
 合格率(受験者ベース) 21.3%

<平成23年度>
 応募者数 7034人
 受験者数 5732人
 合格者数 1527人
 合格率(応募者ベース) 21.7%
 合格率(受験者ベース) 26.6%


私が6月頃調べた際は、平成22年度のデータが最新でした。受験者ベースの合格率で21.3%。公式サイトに掲載されている試験問題を見たところ、結構自分と相性が良さそうです(自分の興味分野とかなり重なりがある)。

「よし、短期集中で一発合格しよう。試験日は10月下旬か……。今からでも俺なら余裕だぜ!」

いえいえ、自惚れているのではありません。自分で「合格できる」と強く思わないと、絶対に合格は訪れないと思うのです。外からはバカっぽく見えても関係なし。とにかく合格できると信じ込む(笑)。

その日はネットで色々な情報を収集し、めぼしい参考書・問題集をチェック。早速、次の日にジュンク堂に出かけ、様々な勉強資料を買い込みました。こういうフットワークは異常に軽い。

その日、参考書や過去問をさっと眺めて得た結論。「それなりに知識のある分野もあるが、全く知らない分野も多い(音声学・教育学など)。ただ、知識問題は短期間で覚えこめば何とかなるだろうし、記述問題は試験場で初見でやればいいから勉強不要だろう。リスニング問題はあまり自信がないが、これも短期間で何とかなるだろう。とすれば、長期の準備はあまり必要なさそうだ。そう、試験勉強期間は1ヶ月としよう。」

今考えれば、甘すぎる計画なんですが、何とかなりました。記述試験の採点基準が分からないので、マーク試験の方だけになりますが、自己採点は189点(220点満点,得点率85.9%)。準備期間を考えれば悪くないのではないかと思います。

具体的なスケジュールや勉強方法について知りたい受験生もいらっしゃると思うので、ぼちぼちと記事にしていきたいと思います。

※ 日本語教育能力検定試験の記事をまとめて読みたい方は、ブログ左側(Categories)の「日本語教育能力検定」という部分をクリックして下さい。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。