宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

全国学力テスト(2008年) #2

全国学力テストの問題・正答率を眺めていて気になった点がいくつかありますが、特に気になったのは次の点。

中学校数学Aの問題です。
(応用的な数学Bとは異なり基礎的な問題。中学3年生が受験。)

下のアからエの中に、3a+4b という式で表されるものがあります。それを1つ選びなさい。


1辺acmの正三角形と1辺bcmの正方形を、それぞれ針金で1個ずつ作ったときの針金の全体の長さ(cm)


3人がa円ずつ出し合ったお金で、b円のりんごを4個買ったときの残った金額(円)


3gの袋にagの品物を入れ、4gの袋にbgの品物を入れたときの全体の重さ(g)


3分間にaリットルの割合で水が出る蛇口と4分間にbリットルの割合で水が出る蛇口から、水を同時に1分間出したときの水の量(リットル)


正解は「ア」ですが、新聞によると、それぞれの選択肢を選んだ児童の割合は下記の通りです。

ア 32.7% イ 13.7% ウ 36.4% エ 16.3%

私の感覚からすると、この問題は、「(公立中の)数学の授業をそれなりに理解できているか・数学の授業についていけているか」のリトマス試験紙になっている気がします。

というのもこの問題、文字式の書き表し方を除けば、遅くとも小学6年生で理解すべき内容の問題なんですね。(地頭の良い子供だとおそらく小学3-4年ぐらいで解くことができると思います。)

経験上、中学3年生の段階でこの問題に正解できなかった生徒は、おそらく単純な計算問題を除き、文章問題のほとんどを解くことができない状況にあると思います。

つまり、全国的に見て、正解者32.7%以外の67.3%は数学の授業があまり(もしくはほとんど・全然)理解できていないということになりそうです。

この事態、どう捉えるべきか。
数学力や論理的思考力の劣化を嘆く?

そういう考えの方もおられるでしょうが、私の場合、中学生の平均的な理解力というのはこのぐらいであると割り切った方がよいような気がします。

やや暴論かもしれませんが、現在の中学数学のカリキュラムは、(公立)中学生のうち6割強の能力を超えてしまっている、そう考えるところから始めるべきであるように思えてなりません。

この件、とくに結論を出そうとは思いませんが、正直に上記の事柄を認めてカリキュラムやクラス分けを考える時期に来ているんじゃないでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

全国学力テスト(2008年) #1

全国学力テストの結果が発表されました。

報道機関の発表したデータやネット上のデータにざっと目を通してみると、色々なことが見えてきます。

新聞地方欄では、大阪府の成績が非常に悪かったことが大きく取り上げられていますが、塾運営者としては「どうでもよい」というのが正直な気持ちです。

お預かりしている生徒の成績は非常に気になりますし、その動向には常に目を光らせているわけですが、大阪府全体の成績などというのは府教育委員会の仕事ですしね。そもそも、他府県から来られている生徒も複数いるわけで、大阪府にこだわってもしようがない。

ただ、秋田県が全てのジャンルで1位もしくは上位を占めた点は興味深いですね。秋田県が好成績をあげた原因としては、

 1.少人数指導
 2.家庭などとの連携
 3.指導者の熱心さやスキル

があげられるようです。こうしたデータは当塾の姿勢の正しさを証明してくれているように思えて、(勝手に)喜んでいます。

これらの条件を公教育で実現しようとすると、「潤沢な予算」や「教員のマンパワー(各教員の実力×人員数)」などが必要になるわけですが、今の大阪府の公教育ではとてもとても...。

続きます。

PageTop

オリンピック雑感

北京オリンピックが終わりました。

個人的には、スポーツを観戦すること自体にあまり興味がないので、新聞やネット上のニュースを読んでおしまい。ただし、オリンピックやスポーツにまつわる裏話・秘話や人間関係は非常に面白いと思います。

今回だと、「競泳松田の師弟関係・練習の内容&量」に感動。「星野ジャパン(メンバー年俸総計40億円以上のプロ中のプロ)の惨敗の背景」「女子シンクロ指導者の内紛?」あたりも興味をそそりました(ちょっと意地悪ですが)。

さてさて、私、学生時代にとあるマイナースポーツをかじっていたんですが、練習場で日本代表のオリンピック選手をよく見かけました。その競技レベルたるや猛烈なものでして、私のようなヘボ選手と比べると一桁どころか二桁は上を行きます。私が1だとしたらオリンピック選手は100とか200といった感じです。正直、同じ人間とは思えない。

しかし、そうした「国内敵なし」というレベルの選手であっても、オリンピックに出るとほとんど最下位に近い成績になってしまうんですよね。オリンピック=世界ってどれだけ凄いんだ!目前で見て代表選手の競技レベルを知っているだけに、驚きの一言です。

そんなわけで、オリンピックのメダリストというのは本当に凄い存在だと思います。常人には想像もできないような練習に耐え、大変な精神的ストレスの中で修練の成果を発揮するわけですしね。

爪の垢でも分けてもらいたいところですね。

PageTop

検定試験ブームとロック検定

最近、本当に色々な検定試験がありますよね。

英語検定・漢字検定といった有名な検定試験もありますが、その一方でマイナーな検定試験が腐るほどあります。ご当地検定と呼ばれる観光地に関する検定試験なんかも、雨後の筍のように生まれています。

一月ほど前、書店で広告を見かけてビックリしたのが、
ロック検定」。

そもそも、ロックって「無骨な反社会的カルチャー」というイメージの音楽だと思うんですが、そんなジャンルすら勉強・検定の対象にしてしまうところがいかにも日本らしいなぁ、と。

主催のMTVジャパンから参考書も出版されているようで、なかなか本格的です。

いったいどんな問題がでるんだろう、とチラシを手にとって見ると、1級の問題でも意外に簡単。一瞬、受検してみようかという気になりましたよ(笑)。

今、ホームページを見てみると、こんな感じの問題です。

Q.AC/DCのヤング兄弟の弟アンガス・ヤングのライブでの格好は??
A.ランドセルを背負って小学生服の格好


アンガス・ヤングはオージーには珍しく小柄な人なので、小学生ルックがよく似合うんだよなぁ、やっている音楽は本格的なブギロックなのにその落差が楽しいんだよなぁ...。

Q.「マイ・シャローナ」の世界的大ヒットでビートルズの再来と謳われたバンドは?
A.ザ・ナック


一発屋も良いところで、歴史的価値から言ったらナックなんてビートルズの10000分の1ぐらいだろ、まだNazz(ナッズ)の方が後世への影響は大きいだろ、エド・はるみが踊るときにこの曲のリズム部分を使っているけど、許可を得ているんだろうか...。

どうでもよい話ばっかり思い出してしまいます。そりゃ30年も音楽を聴いていれば、ウンチクだらけでして。

1級だったら、もっと難しい長文記述問題なんかを出せば面白いかもしれません。
「1970年代、英国に起こった所謂パンクムーブメントと、米国東海岸の芸術思潮の関連を、具体例を挙げつつ800字程度で述べよ」とか。
採点が大変すぎて無理でしょうかね。そういう問題が出題されるなら、受けに行ってみたい気がします。

PageTop

iPodと語学学習

昨日から報道されている「iPod nano」の過熱事故ですが、調べてみると、私の持っているiPodと全く同型でした。ガーン。

手の空いた時間にサポートに電話してみると、丁寧な対応で「交換」ということになりました。火事につながりかねない、ということで不安だったんですが、一安心です。

以前から、充電しているとかなり熱くなることがあったんですが、事故が発生していたとはつゆ知らず、経済産業省の発表で知るに至りました。充電池関係は結構リコール騒ぎがあって、メーカー側としても頭の痛いところでしょうね。最近も、某電器メーカーが電池のリコール騒ぎで当該期間の営業利益を大幅に減らしていた覚えがあります。

それはともかく、3年前に購入したこのiPodnano、小さくてすごく便利なんですよね。製品発表の翌日(=販売開始日)に購入したんですが、店員にも「新しもの好きですね~」と言われたことを覚えています。

「新しもの好き」というより「新しいテクノロジーを果敢に導入する進取の気概に溢れた人」と言って欲しいんですけど...(笑)。

その日以来、気に入って活用しているんですが、こうしたプレーヤ、音楽を聴くだけではなく色々なことに利用できます。特に最近の語学関連の学習はiPodなしには考えられないのではないかと思います。

書店に行って語学の学習書をご覧になっていただくと分かりますが、たいていの書籍には音声(リスニング)CDが付属しています。もちろん、CDプレーヤでも十分利用できますが、iPodに導入すればいつでもどこでも聞くことが可能ですし、必要部分に即座にアクセスできます。

iPod向きの教材もネット上にはゴロゴロころがっています(無料のものも多数、というより無料のものの方が多いかもしれません)。

学習を効率的にする機材は、積極的に採用・利用する。大切なことだと思っています。

PageTop

四天王寺

夜の四天王寺に出かけてきました。

お盆の期間は万灯供養として、通常入れない五重塔・金堂・回廊の部分に入ることができます。これらの伽藍は戦災にあったため、戦後再建された鉄筋コンクリート造り。そんなわけで、奈良や京都の社寺のような味わいには少し欠けるうらみがあるんですが、お盆の夜はあまたの灯火で良いムードです。大阪市内にこれだけ大きなスペースがあること自体、ホッとさせてくれることですよね。

受験生が日本史を勉強する際、必ず覚えないといけないのが、古いお寺の伽藍配置。四天王寺と法隆寺の配置は特に重要ですが、一度実際の寺を見ておくと、まず忘れないでしょう。写真は南東側から北側を眺めています。いわゆる四天王寺式伽藍配置で、五重塔から金堂を望むかたちになっています。
20080815.jpg

下記サイトの図と比べてもらうと、よく理解できるかと。
http://www10.ocn.ne.jp/~mk123456/garann.htm

四天王寺は上町台地の稜線上にあるため、かつては間近に迫っていた海辺を一望できたようです(今は海岸線が遠ざかっていることに加えて、ビルなどが建ち並んでいるので到底無理ですが)。

そのころの日没はさぞ美しかったであろうと思いますが、その風景をもとに西方浄土への信仰の中心地ともなっていたようです。

春分・秋分の日には、東門とぴったり同じ場所から日が昇り、西門とぴったり同じ場所に日が沈むよう設計されているのも、そのあたりと関係があるのかもしれません。

私事になりますが、亡き父が晩年入院していた病院も上町台地上にあったため、西向きの病室からは、美しい夕日が見えていました。父が世を去って8年になりますが、四天王寺近辺から夕焼けを眺めると、いまだに切なくなってしまいます。

四天王寺に興味のある方は公式サイトやwikipediaをどうぞ。

PageTop

森毅「もうろくの詩」2

「いじめ」についてもおもしろい指摘があります。

リベラルというのは、何より多様性を生かすこと。仲間というのは苦手。仲間には外を排除して内を抑圧する病理がある。いじめというのは、仲間意識の病気だと思う。古典的ないじめ集団は、帝国陸軍内務班の新兵いじめとか、旧家の嫁いじめとか、仲間意識が強い。
だから「仲間意識を育てていじめをなくしましょう」というのは矛盾していて、リベラリズムで仲間意識を解体するほうがよいと思っている。このところのいじめ問題の多発は、リベラリズムの不足が原因。
(中略)
いまだに校長さんあたり、「みんな仲間、ひとつにまとまって」などと説教しているのは、「これからは、多様な社員でいろいろあるのをコントロールするのが経営」と、気の利いた経営者がいっているのと対照的。


仕事柄、小学生から「いじめ」の話をよく聞きますが、究極的には、「みんな仲良く」という考えを捨てるしかないなと思います。人はそれぞれ。つきあいもそれぞれ。無理に仲良くしなくてもいい。

小学生の頃、先生から「みんな仲間なんだから仲良くしなさい」と言われるたびに、「そんなん嫌いなヤツもいるねんから無理やで~」と思っていたんですが、それぐらいの気持ちの方が子供も楽なんじゃないでしょうか。
(まぁ、そんな気持ちは言葉にすると叱られるので、黙って先生の話を聞いているふりをしている子供でしたが...。)

PageTop

森毅「もうろくの詩」1

森毅先生の新しいエッセイ集「もうろくの詩」(青土社)を発見。早速読みましたが、いつ読んでも森先生のエッセイは洒脱で読む者の心をそらさない文章です。肩の力が抜けていて、数学のみならず人生の達人、という風格。

私が大学生だった頃、生協の書店で立ち読みしていらっしゃる姿をよく拝見しましたが、文章そのものの風貌。TVにもよく出ておられたので、ご存知の方も多いかもしれません。文は人なり。

高校生時代から森先生のエッセイは読んでいましたが、最近の文章、特に力が抜けてきたような(いい意味で)。

このブログに関係のありそうな所を引用してみます。

「円周率が3になる」という騒ぎがあったが、その扱い自体が、小数が分かっていないことの証明でもある。江戸時代の和算は進んでいたので、円周率も詳しく知られていたが、通常使われていたのは、√10の3.16だったという話がある。それで困るかというと、3.14でも3.15でも3.16でも、困ることはない。
信頼できる数字は2桁でよいという説があって、入試の合計点とかテレビの視聴率とか、3桁の数では3桁目はどうでもよい。


そうなんですよね。別に3.14にこだわる必要はなくて、おおまかな円周を求めるには3または3.1ぐらいでもいいと思うんですよね。直径8センチメートルの円周は24センチメートル強、と大ざっぱに理解できることが大切なのであって、小数を含めた計算練習は別途にすればいいだけの話。なぜかマスコミに「円周率3」の話はセンセーショナルに取り上げられてしまいましたが...。

で、小学校の計算練習がどうなっているかというと、

それよりも、小学校の掛け算を実用的見地から2桁×2桁のみの扱いにしたことが影響していそうだ。たしかに実用的にはそれで間に合うだろうが、掛け算のやり方の普遍性を知るには、3桁×3桁のほうがよいとも考えられる。そこまでやっておけば、7桁×8桁であろうと同じことサという気分になれる。


実際、小学算数の教科書を見てみると、大きな桁数の掛け算はのっていません。こっちの方がまずいんじゃないかと私も思います。塾の方で5桁×3桁プリント・5桁÷3桁プリントなどを作ってあるのはそんな考えからです。計算の普遍性は小学生で学ぶべき大きなポイントじゃないでしょうかね。

実際、「2桁×2桁はできるけど、3桁×2桁はできない~!」と言う小学生は多くいます。2桁×2桁には2桁×2桁独自の方法が、3桁×2桁には3桁×2桁独自の方法があると思っているようです。「どこまでも計算方法を覚えないとならないことになるじゃないか!計算方法は一般的に適用できるはず。」というのは大人の発想で、そう考えない子供は結構多いものです。どんな掛け算も同じ筆算方法でできることを示すと、「へぇ~」と感心されるわけですが、学校教育からそこを削ったのは間違いだったような気がします。(確かに教える手間の削減にはなったでしょうが...。)

続きます。

PageTop

大型書店

ちょっと時間が空いていたので、息子と大型書店へ。大型書店はいつ来ても楽しい場所です。新刊書や興味のあるジャンルの本をチェックしたり、パラパラと雑誌を流し読みしたり。

個人的には、アマゾンをはじめとするオンライン書店の方が、たくさん購入しているんですが、やっぱり大型書店に繰り出す楽しみは捨てられません。

買ってもらう本を選んでいる息子を見守りながら、私は面白そうな書籍をチェック(立ち読みともいいますが...)。

今回面白いと思ったのは「速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術」という書。平積みになっていたので、売れ筋なんでしょうね。書籍とのつきあい方がよくわからない人には良書だと思います。本を読まない人は、こうした書籍を手に取ること自体あまり無いような気もしますが...。重要な部分はサッサとチェックして確認・吸収できたので、購入には至らず。まぁ、書籍の内容を実践したということでお許しを。

他に面白かったのは某歴史学者の自伝。大学生時代のエピソードを読んでいると(自分の大学の先輩でした)、他学部から文学部に転学した経緯が記されていました。学内の相談室では相談員全員から反対を食らったとの由。そういえば、高校生の頃「転学部は認められにくいから、受験生時代にしっかりやりたい学問を選んでおけ」と聞いたことが。この辺りの状況、大学によって異なるかもしれません。こちらも面白そうな所をザッと読めたので、購入には至らず。

そうこうしているうちに、息子も購入する書籍をようやく決定。私の方も数冊を手にして一緒にレジへ。大型書店よ不滅なれ。

PageTop

ToDoリストの効用

先程の記事とも関連していますが、やらねばならないことが多いので、ToDoリスト(する事リスト・アクションリスト)が手放せません。昔は紙ベースで、今はコンピュータや携帯を利用して、ということになりますが、本質的には何も変わりません。

やらねばならないことを、忘れないように&効率的にこなすには、こうした類のリストは欠かせないように思います。

とすれば、社会人だけではなく、受験生なんかにも必須なんじゃないかと思うんですが、意外に大学受験生でもToDoリストを作っている人は少ない気がします。

もちろん、凝ったリストを作る必要は全くありません。「なすべきこと」を書き上げていく、そして終われば消していく。原則としてこれだけです。スーパーに行くときの買物リストのような感じで十分です。

するべきことぐらい覚えているから大丈夫!と思われるかもしれません。しかし、ToDoリストを作る効用は「備忘」だけにはありません。

せねばならないことを「頭から追い出す」ことによって、「頭をクリアにしフル回転させる」ということも大きな効用です。大脳生理学の一般人向きの本なんかを読んでみると、人間の脳が同時に処理できる事柄はそんなに多くない、ということが書かれています。とすれば、「これをしないと...」と思いながら勉強・仕事することは著しく能率を下げることになるはずです。

そんなわけで、勉強や仕事にToDoリストは必須だと思います。

気になる人は、米国で少し前にブームになったGTD(Getting Things Done)という言葉で検索してみて下さい。

あんまり難しく考えると逆に能率は落ちるので、個人的には、単純なリストやルールがお薦めです。

PageTop

ブログのネタ帳

何だか夏は忙しいですね。色々書きたいことはあれど、なかなか時間が取れません。

ブログを初めた時から、ネタ帳を作っています。ネタ帳といっても、書きたい内容を思いつくたびに、チョコチョコとタイトルを書き連ねるだけの単純なリストです。

タイトルの数はあっという間に3桁になっているんですが、いざMacに向かってブログを更新し始めると、その時に書きたい内容を書いてしまいます。(「今日はこれを書こう!」という感じでいきなり書いています。このエントリーも然り。)

結果、タイトルは減ることなく増える一方。通信教育の添削問題をため込む学生のような気分です...。

書籍なんかは、読んだ後で色々感じるところを書いておきたいと思うんですが、これまた時間がなかなかとれません。読んだこと・感じたことをまとめて書くと、その内容が確実に自分のものになりますし、世の中にも還元できますから、良いこと尽くめなんですけどね。

最近読んだ書籍でダントツに面白かったのは、斎藤兆史先生の「英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語」(中公新書) 。あんまり面白かったので、斎藤先生の他の著作を3冊買ってしまった程です。

また近いうちに紹介したいと思います。

PageTop

GoogleMapのストリートビュー

今日の朝方に気づいたんですが、GoogleMapストリートビューという機能が付いたようです。

地図上の実際の景色が360度見渡せるというこの機能、大変に便利です。百聞は一見にしかず、実際に見てもらうのが手っ取り早いと思います。

当塾近辺もしっかりと登録されています。影の様子や人の動きなどから考えると、当塾近辺は水曜日の正午前後の撮影かと思われます(具体的な日時までは特定出来ませんが)。車などの入れない部分はストリートビューが準備されていないので、何らかの乗り物から撮影したんではないでしょうか。

しかし、ここまで来ると便利を通り越して恐ろしい気もしますね。繁華街なんかについては素直に便利だと思いますが、自塾近辺までこう撮影されていると...。実際、米国ではプライバシー侵害として法的な問題になりつつあるようで、訴訟も起こされていると聞きます。

小さな頃にSF映画で見た「近未来」を否応なく体験させられている、そんな気もします。

PageTop

トリビア

「トリビアの泉」という番組が流行っていた頃の話です。

授業で新しい知識を教えると、よく生徒達がボタンを押すマネをしながら「へぇ~へぇ~」と連呼していました(最近は全く目にすることがなくなりましたが)。

そんなある日、何の授業だったか・何年生だったかは失念してしまいましたが、天体が話題になりました(本当は関西弁のやりとりです)。

私「どんな星も東から出て西に沈むんだよ。」

生徒達「どんな星も?」

私「そう。太陽も月もそうなんだよ。」

生徒達「へぇ~へぇ~!すごーい!(バシバシ)」

生徒達「先生、絶対にトリビアに出した方がいい!絶対テレビで流れるよ!

もちろん、応募はしていません(笑)。

ただ、トリビア(取るに足りない些細な知識)だと思っている事柄が、実は大変に重要な知識であったり、時代や立場の変化によって重要になってくる、ということは十分にありえる話だと思います。

そんなわけで、雑学ってバカには出来ません。

こんなサイトがあります。

unnecessary knowledge

雑学のみならず英語の勉強にもなりますし、お薦めです。

例えば、こんな感じです。

Women blink nearly twice as much as men.
(女性は男性の2倍近くまばたきをする。)

On average, there are 178 sesame seeds on each McDonalds BigMac bun.
(マクドナルドのビッグマックのパンには、平均して178粒のゴマの種がのっかっている。)

Most lipstick contains fish scales.
(ほとんどの口紅には魚の鱗が入っている。)


へぇ~へぇ~!(古っ!)

PageTop

ある新聞折込

最近新聞に入っていた学習塾のチラシを見て、笑ってしまいました。こんなコピーがデカデカと。

塾はかえれても 志望校はかえれない

「かえる(変える)」は下一段動詞ですから、可能の助動詞としては「れる」ではなく「られる」を接続させねばなりません。上記の文章はいわゆる「ら抜き言葉」として間違っているわけです。

文法的に正しく書き換えると「塾はかえられても 志望校はかえられない」となります。

もちろん、文法的な説明は中学生以上ということになりますが、不自然な文章であることは、小学生でも常識的に分かりそうですよね。

少なくとも当塾では、答案内に「ら抜き言葉」を発見すれば、即座に注意して指導しています(こんな言葉遣いを答案上で許されるのは小学1・2年生ぐらいでしょう)。

まぁ、話し言葉であれば(方言的に)よく使われていますし、大きな問題はないと思いますが、答案で使ってよい言葉でないのは間違いありません。

チラシによると、何でも、講師の70%以上が東大・京大出身だそうで(笑)。指導料も教室の所在も実績も何も書いてありません。

賢明なる当ブログ読者の方々には、私が何を申し上げたいか、お分かりいただけるかと存じます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。