宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪府内私立高校の初年度納付金

今日で1月も終了。そろそろ私立高校の入試が近づいてきましたので、金銭的なデータをご紹介してみましょう。

平成21年度の大阪府内私立高校の初年度納付金(つまり入学金+授業料)は、平均で770,800円となっています。半数の私立高校が値上げをしており、値上げ幅は過去最高。

私立高校への補助金が削減される方向にあるのは、皆さんもご存知かと思いますが、入学金や授業料に見事に(?)反映された形です。

手元のデータを見ますと、初年度納付金が850,000円程度の学校も少なくありません。進学成績が全てではありませんが、私ども塾から見てみると、この進学成績でこれだけの授業料?というような気になってしまう学校もチラホラ。

ちなみに大阪府立高校(全日制)は、初年度納付金が149,000円(入学料5,000円+授業料144,000円)。今まで以上に、学業成績だけではなく、ご家庭の経済状況もよくよく考えた上で、高校を選択せねばならない時代になってきたなと思います。

なお、詳しいデータをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。
平成21年度 大阪私立高等学校新入生徒 納付金等調
(PDFファイルとなっています)

スポンサーサイト

PageTop

ガチャガチャと確率

息子と繁華街に出かけた折、ガチャガチャの前を通りかかりました。(この自動販売機、ガチャガチャという呼び名でいいんでしょうか?100~200円ぐらいを入れるとオモチャの入ったカプセルが出てくるやつです。)

ミニカーらしきものが入っているのに気づいた息子にせがまれ、「一度だけ」という約束で、硬貨を投入しました。

出てきたカプセルをよく見てみると、ミニカーの一部分だけが入っています。封入されている説明書を良く読むと、こんな趣旨のことが書いてありました。

「6つのパーツを集めると、ちゃんとしたミニカーが出来上がるよ。カプセルにはどれか一つの部分が入っているから、ドンドン買って集めちゃおう!カッコいいミニカーの完成だ!」

(ちゃんとした)ミニカーが手に入らなかった息子は半泣き。説明したところ、残りの部分も欲しいと言い出しましたが、「一度だけ」という約束を守らせるのも「しつけ」の内。

「あかんあかん、一回だけの約束やったやろ。それでガマンしなさい。」

何度言っても、我が家では「ダメなものはダメ」というルールが変わらないことを、息子の方もよく知っています。それ以上は何も言われませんでした。

冷静に考えてみると、このガチャガチャ、かなりの悪徳商法だという気がします。

6種類を一発で揃える、言い換えれば、200円×6回=1200円の投下で6種類全部が揃う確率を計算してみると、

(すべての種類が同様の確率で出てくると仮定すれば)
5!/6^5 (5の階乗÷6の5乗) = 120/7776 ≒ 0.0154321
→約1.5%。

1.5%の難関をくぐり抜けたとしても、1200円という金額に見合うとは到底思えないチャチなミニカーが手に入るだけ(笑)。場合によっては数万円かかることも...。

おそらくは、何度も購入させようという魂胆なのでしょうが、確率計算をしてみると馬鹿らしくてやってられませんよね。

何だか子供(&子供を甘やかす親)の気持ちをもてあそんでいる商法だな、と思いながら家路に就いたのでした。

PageTop

J.S.バッハと地球外知的生命体

タイトルは変わりましたが、「地球が静止する日」の続きです。

もう一つ興味深かったシーン。このヒロインがエイリアンを説得しようと、恩師(ノーベル賞学者)の自宅へ彼を連れて行きます。彼の自宅に入ると、J.S.バッハが流れています。ゴルトベルク変奏曲の冒頭部(アリア)です。バッハが好きな私も妻もニヤリ。

偉大な学者との会話の中で、徐々に(彼らからすると)低レベルな人類にも、知性らしきものがあることを認識し始めるエイリアン。そして、BGMのゴルトベルク変奏曲はアリアから第一変奏へと移ります。その時、キアヌ演じるエイリアンがスピーカーを見つめ、こう言います。

「美しい...。」

思わず膝を打ちたくなる演出です。

ゴルトベルク変奏曲をご存知の方も多いかもしれませんが、ゆったりとしたアリアから、第一変奏に移る瞬間の、あのゾクッとする感覚、しなやかに人間の魂が飛び立つような感覚。地球外の生命が人間の知性を感じるという、このシーンにピッタリです。

もし、人間より高度な生命体が存在して、必死で人間の音楽性(知性)を誇示する必要があるとすれば、バッハを持ち出すしかないのではないか、という気がします。

実際、ボイジャーが地球外知的生命体用に載せているレコードには、J.S.バッハが数曲が収められています。

 ブランデンブルク協奏曲
 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
 平均律クラヴィーア曲集

他にもクラシックからは、ベートーヴェン(2曲)、モーツァルト(1曲)、ストラヴィンスキー(1曲)が選ばれているようです。

ポピュラーからは、チャック・ベリー、ルイ・アームストロング、ブラインド・ウィリー・ジョンソン。

随分話がそれてきましたが、バッハはいいよね、ということでおしまいです(笑)。

PageTop

地球が静止する日

たまにブログのアクセス状況を調べてみると、妙にアクセス数が多い日があります。どうやら、センター試験の解説など、受験に直接役立つ記事を書いたりするとアクセスが上がる模様です。

あと、映画について書いた日も、それなりにアクセス数が上がるようです。まぁ、上がるといっても知れた数ですし、そもそも多数の人に読んでもらおうと思ってブログを始めたわけでもないので、全く気にしてはいないんですけどね。

ということで、今日は久々に見てきた映画について。やっぱり気にしてるんかい!というツッコミはなしにして下さいね(笑)。

「地球が静止する日」
(The Day the Earth Stood Still)


ネタバレしない程度にストーリーを説明します。

地球外に人間よりも遙かに高度な知性を備えた生命体がおり、地球を監視している。彼らが先遣隊を地球に派遣し、数十年にわたって詳細に観察したところ、人類は地球上の生命の多様性を著しく害している(他の生物を滅ぼし続けている)。宇宙内でも、地球ほど生命体が多様に存在している星はないので、その生態系を守るために=人類を滅ぼすために、実行部隊がやってきた...。

というお話です。

予告編をYouTubeから引っ張っておきます。



で、その実行部隊のエイリアンを演じるのがキアヌ・リーブス。エイリアンと言っても、DNA情報をもとに地球人に同化しているので、特殊なメイクをしているわけではありませんが、やはりミステリアスかつ知的な雰囲気を出せる役者さんでないとダメですよね。こういう役を演じさせれば、キアヌは当代随一。

プリンストン大の先生をしているヒロイン(ジェニファー・コネリー)は、研究対象が宇宙生物ということで、彼と関わり合いを持ってしまうのですが、エイリアンはその本心を彼女に打ち明けます。

If the earth dies, you die.
If you die, the earth survives.


字幕はこう訳しています(予告編の最後の方)。

地球の死は 人類の死だ
だが人類が死ねば 地球は生き残れる


そうですね、but や however がなくとも「だが」を入れ、can がなくとも「可能形」にして訳したいところですね。さすがの翻訳者です。

続きます。

PageTop

合格おめでとう!(完全少人数制編)

完全少人数制 宮田塾 の方でも、以前ご通塾下さっていたご家庭から合格のご報告をいただきました。

見事、大阪星光学院中学校&明星中学校に合格されたとの由。

本当におめでとうございます!

低学年の頃から彼を見ていましたが、楽しそうに塾にやってきて、真面目に勉強に取り組んでいた姿が今でも思い浮かびます。保護者様のしつけやご教育が、本当に行き届いていて、それが勉強態度に表れているとでも申しましょうか。

例年のことながら、真面目で素直な子が、やっぱり受験でも勝つんだな、としみじみ思います。
(もちろん、真面目で素直な子が一生懸命努力しても、運によって涙を呑むケースはあります。厳しいけれど、それが受験。)

完全少人数制 宮田塾の方は、特に私立中学受験生を対象とした塾ではありません。むしろ、公立中学校に進学して上位の成績を収めてもらうことを念頭に置いている塾です。

ただ、公立中学進学・私立中学進学いずれをお考えの場合でも、小学1~4年生の間は、勉強の楽しさを実感すること・しっかりとした基礎力を付けることが最も大切。当塾では、そうした部分を身に付けていただけるよう、日々努力しております。

ブログをお読み下さっている方には、宣伝を抜きにして申し上げたいんですが、あまり早くから受験!受験!と子供を追い立てない方が、結局はよい結果を生むことが多いように思います。なかなか信じてもらえないことが多いんですけどね(笑)。少なくとも、私たちの経験からすると、間違いないかと思います。

このあたりについての、当塾(完全少人数制宮田塾)の考え方は、下記リンクをご覧下されば幸いです。
http://miyatajuku.com/5/5/5034.html

閑話休題。

合格、本当におめでとうございます!
楽しい中学生活を送りながら、勉強に励んで下さいね!

PageTop

合格おめでとう!(国語塾編)


昨日も私立中学の合格報告を数件いただきました。
本当におめでとうございます!

国語塾 受験国語専門塾 宮田塾 のウェブサイトの方も改訂致しましたので、詳しい合格実績はそちらを見て頂くとしましょう。

「国語塾 受験国語専門塾 宮田塾」については、以前は、ご紹介いただいた生徒さんだけを指導するというスタイルで運営していたため、本当に「知る人ぞ知る」という感じだったんですね。「完全少人数制 宮田塾」と同時に始めているので、意外に歴史は古いんですが...。(笑)

そんなわけで、合格者の絶対数は多くなかったんですが、その代わりに、全員が難関とされる中学・高校・大学への合格を果たしてくれていました。我ながら、生徒さんたちに恵まれていると思います。

昨年度から考えを改め、ウェブサイトを通じて、対外的に募集を始めたわけなんですが、その初年度から生徒達が素晴らしい合格実績を挙げてくれました。生徒達に心から感謝したいと思います。

忙しい中、遠いところから一生懸命通ってくれたり、朝早くの授業や夜遅い授業でも頑張ってくれたり。真面目に出席してくれることはもちろん、こちらの出した課題・宿題もしっかりとこなしてくれる。逆にこっちの頭が下がるぐらいでした。

極論すれば、私の出来ることは勉強のお手伝いだけなのであって、最終的には、本人がどれだけ授業内容を吸収する意欲を持ってくれるか(=どれだけ真剣に合格する意欲を持ってくれるか)が、大きなポイントになります。

そんな意味でも、本当によく頑張ってくれたと思います。

努力の末に勝ち取った合格は、何よりも価値あるもの。大きな自信を持ってもらってよいでしょう。少し身体を休めた後は、素晴らしい中学生活を満喫して下さい。

おめでとう!

PageTop

嬉しい合格報告(国語塾編)


中学受験もほぼ終了。合格報告を受けるのは本当に嬉しい一時です。現時点で判明している、本年度の国語塾宮田塾の方の合格実績は、

 近畿大学附属中学校(医薬進学コース)
 東大寺学園中学校
 灘中学校
 函館ラ・サール中学校
 東山中学校
 (以上50音順) などです。

合格した人達は本当におめでとう!

また確定致しましたら、公式ウェブサイト(国語塾 受験国語専門塾 宮田塾)の方にもまとめていきたいと思います。

PageTop

総理大臣と漢字


随分前から総理大臣の漢字力が問題になっていますね。

マスコミや世間一般としては、「総理までつとめながら、この漢字力は何だ、もっと勉強しろ」といったところが多数意見であるような気がします。

しかし、こうも言えるんじゃないでしょうか。

「日本という国は、このレベルの漢字力(ひいては教養)の人でも、総理大臣がつとまる国である。」

これはある意味、幸せなことである気がしますね。リーダーの高度な知性やカリスマ性やらに頼らずとも、陰でスタッフが事を運んでゆき、国民も原則としてそれを問題視しない。

逆に、内戦に明け暮れる前途多難な国などは、上述のようなリーダーがまさに命がけで事に当たらねばならないわけですから。

さてさて、政治問題に踏み込みそうなので、話頭を転じましょう。

昨日(2009.01.20)の参院委員会で、首相が「未曾有」を「みぞう」と正しく音読し、委員たちがどよめいた、という報道がありました。

http://www.asahi.com/politics/update/0120/TKY200901200167.html

同じ場で、野党議員が、首相が月刊誌に「寄稿」した文章から、難しい漢字を抜き出して「本当に首相が書いたのか」と詰め寄ったとの由。まぁ、その真偽は自明なので、どうでもよいとも言えますが(笑)、引用した次のリストを見て下さい。

(1)就中
(2)唯々諾々
(3)揶揄
(4)畢竟
(5)叱咤激励
(6)中興の祖
(7)窶し
(8)朝令暮改
(9)愚弄
(10)合従連衡
(11)乾坤一擲
(12)面目躍如
(出典 石井一事務所作成)

 【回答】
(1)なかんずく
(2)いいだくだく
(3)やゆ
(4)ひっきょう
(5)しったげきれい
(6)ちゅうこうのそ
(7)やつし
(8)ちょうれいぼかい
(9)ぐろう
(10)がっしょうれんこう
(11)けんこんいってき
(12)めんぼくやくじょ
(読みは「広辞苑第6版」から)
※上記asahi.comの記事より引用


(読みを広辞苑から引用するなら「回答」より「解答」の方がいいと思いますが、朝日新聞の考えはさておき)

私にとっては(仕事柄)どれも簡単に思えますが、一般的にはちょっと堅苦しい言葉ですね。

で、気になるのは12番。意味は「いかにもその人に似つかわしく、立派であるようす」ですが、私としては「めんもくやくじょ」と読みたいところ。覚え間違っていたかな?と思い、調べてみました。

「めんぼくやくじょ」で掲載している辞書
岩波書店 広辞苑
「めんもくやくじょ」で掲載している辞書
三省堂 大辞林
小学館 大辞泉
学研 国語大辞典
漢検 四字熟語辞典
学研 故事諺辞典(「めんぼく」とも読めるとの注あり)

(※下記の辞書は「めんぼく」または「めんもく」という語で立項しており、単独の立項がないので除外。 岩波国語辞典 / 三省堂新明解国語辞典 / 大修館書店明鏡国語辞典)

どうでしょうか?多数決で言えば、「めんもくやくじょ」ですよね。ただ、広辞苑は権威がありますしね...。

とりあえず両方正解、というのが無難な結論でしょうか。

今日は、国語塾らしく、国語問題に着地したところで終了です。

PageTop

2009年センター試験国語(古文)問題解説少々


センター試験を受験された方々、お疲れ様でした。明日からは二次に向けて頑張って下さい。

さて、中学受験国語を取り上げることが多いこのブログ、たまには大学入試センター試験の古文を取り上げてみましょう。昨日(2009.01.17)行われた国語を題材にしますね。

解説文を書いていくとキリがないので、今回は古文問題の冒頭部分を少しだけ取り上げます。

この最初の3問題、たいていの年度において、「単語を覚えさえすればOK」とは言い切れない問題になっています。つまり、単語の語義を覚えているだけではダメで、文章解釈面にも気をつかわねばならない(ことが結構ある)問題です。

実際、今年も冒頭2問は語義オンリーで大丈夫でしたが、3問目はやや文章解釈を必要とする問題でしたね。今回は知識だけで解ける2問を取り上げてみましょう。大学受験生でない方も考えてみて下さいね。

では、今年の古文1問目(解答番号21)。

「あはれ、見ばや」の解釈として適当なものを選べ。

1.いとしいなあ、会えればいいなあ
2.しみじみと心惹かれるので、会ってみようかしら
3.ああ、会いたいものだ
4.本当に、会えるかもしれない
5.かわいそうだなあ、会ってみたらどうだろうか



正解は「3」。

これは見た瞬間に正解3を選びたいところです。
「ばや」が終助詞で「希望」を表すという文法事項を押さえていれば、それだけで3を選べるところかと思います。1の文末は普通の希望表現ではないですし。

少し譲って1を残したとしても、「あはれ」の解釈が苦しいところ。「いとしい」という意味なら、「あはれなり、見ばや」というように形容動詞で表現するのが普通でしょう。「あはれ」は感動詞だと捉えるべきです。

念のため文脈を確認しておくと、(どんなに美人だろう)「ああ、会いたいものだ」となってバッチリですよね。

次に2問目(解答番号22)。

「なべてならぬ匂ひ」の解釈として適当なものを選べ。

1.並大抵でなくすばらしい色合いや香り
2.全体が一様でない色合いや香り
3.思いがけないほど洗練された香り
4.一般的ではない奇抜な色合い
5.一面に広がるほのかな香り



正解は「1」。

これも受験生なら見た瞬間に1を選んで欲しいところです。

ここで問われている知識は二つ。

<知識1>
「なべてならぬ」の意味。
並ひととおりでない。ふつうでない。

「なべて」は「並べて」と書く語ですが、この漢字から「並ひととおり・平凡」という意味を押さえておけば、「なべてならぬ」という頻出表現も頭に残りやすいかと思います。
類例として「なのめならず」も覚えておきましょう。

<知識2>
「匂ひ」の意味。
はなやかな美しさ。つやのある美しさ。

古語で「にほひ」いえば、何よりもまず「視覚的」な言葉ということを理解してもらいたいと思います。少なくとも、現在のような「嗅覚的」な意味はメインではありません。そして、美しさは美しさでも、桜がパッと咲いているような美しさですね。

したがって、「香り」しか書いていない選択肢3と5は(センター試験レベルでは)まず解答になりません。

以上、合わせて正解は「1」しかありません。

と、こんなところですが、勉強の材料としてはさらに突っ込めそうですね。古語には「美しさ」を表す語が多くあるので、そのあたりのボキャブラリーを増やしてもらうのに良い機会でしょう。

喋ると楽なんですが、文章で解説するのは大変ですね。ブログではこのあたりで切り上げておきます。

PageTop

入試本番

今日は関西の中学入試本番。そしてセンター試験初日。
当塾で勉強してきた皆さん、頑張って下さい。

PageTop

賢い塾の選び方

賢い塾の選び方 http://homepage3.nifty.com/kashikoi/
という有名なウェブサイトがあります。

「塾」「選び方」と検索すると、GoogleでもYahoo!でもトップに出てきます。

このサイト、小規模な塾を経営していらっしゃる方が運営されているとのことなんですが、内容が非常に優れています。

とりわけ、サイトのトップに挙げられている、「塾選びの格言」が秀逸です。塾を探しているが、どういう観点から探せばよいか分からないという方は、ここだけでも読んで頂くと参考になるかと存じます。

曰く、電話勧誘してくる塾は100%ダメ、チラシやホームページに料金を掲載していない塾も100%ダメ などなど。

格言その1~その11まで、当塾はキチンと満たしておりますので、ご安心下さいね。

PageTop

宮田塾ウェブサイト改訂終了

当塾ウェブサイトの改訂がほぼ終了しました。

今まであったフロントページを廃止して、3つのウェブサイトとして独立させました。

完全少人数制 宮田塾
  http://miyatajuku.com

国語塾 受験国語専門塾 宮田塾
  http://kokugoschool.com

宮田塾のブログ
  http://jukublog.com

いずれも、内容はあまり変わっていないんですが、ウェブサイトの構成は大きく変化しています。建物でいえば、内装はほとんど変わっていないけれど、基礎部分が大きく変わった、という感じでしょうか。

新聞折込広告と違って、ウェブサイトの場合は勉強すべき部分がかなり多くあります。HTMLのタグを書いたり、CSSを調整したり、ドメインの管理をしたり。ウェブデザインを網羅的に勉強しようとまでは思いませんが、必要に応じて勉強するのは、非常に楽しいですね。

上記3つ、いずれも見た目より内容重視のウェブサイトですが、何卒宜しくお願い致します。

PageTop

新小学1年生向け学習ポイントブック

来期小学1年生の開講がないお詫びという訳ではないんですが、新小学1年生(現幼稚園年長)保護者様向けの「学習ポイントブック」をPDF形式にしてアップロードしておきます。

当塾にご見学においでになった方や、塾生の保護者様方などに冊子形式にしてお渡ししていたものですが、通塾以外の学習スタイルも念頭に置いて書いておりますので、何かのお役に立てばと存じます。

少々長文なので(A4が9枚)、お暇なときにでもどうぞ。
なお、当塾の著作権を放棄するものではありませんので、無断転載はご遠慮下さい。

<新小学1年生向け学習ポイントブック>
http://archive.miyatajuku.com/001.pdf

PageTop

完全少人数制2009年度塾生募集

完全少人数制宮田塾の来期は、2009年3月からのスタートとなります。

以前もお伝えしましたが、来期の中学部は、新中学1年生および新中学3年生のみの募集となります。

小学部については全学年を募集、と言いたいところですが、学年によっては、定員の都合から募集のない場合もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

なお、新小学1年生(現幼稚園年長)につきましては、来期の開講はございません。昨年度より何件かお問い合わせを頂いており、まことに申し訳なく存じますが、悪しからずご了承下さい。

理由についても記しておきます。

1.指導要領が変わり、小学1年生も下校時間がやや遅くなることが予想される。

2.近辺小学校の方だけではなく、遠方の小学校の方からも指導をご希望いただくケースが多くなってきたため、当塾までの移動時間を考慮する必要がある。

3.一方、他学年および受験国語の指導時間との関連から、当塾が小学1年生の指導に当てられる時間は、早めの時間しかない。

上記理由を持って、来期の小学1年生クラスの開講は見送ることと致しました。

正直に申し上げると、低学年は高学年よりも指導が大変なため、代表および副代表の2名で指導に当たることが多く、「寄ってたかって生徒を教える」というような状況でした。非常にお得なクラスだったかと思います(笑)。

今期以降はそうしたリソースを、他学年・受験国語に振り向け、より充実した授業にしてゆく所存です。

なお、新2年生(現1年生)については新規塾生募集中です。

PageTop

ブログを少々模様替え

少し(本当に少しだけ)ブログを模様替えしてみました。

トップ左にある黒板に記されている、
jukublog.com
は、このブログの公式URL(インターネット上のアドレス)です。やっぱり分かりやすいURLが一番ですからね。まぁ、このドメインから、FC2ブログに飛ぶよう設定してあるので、表示窓には別のURLが表示されるわけですが。

当塾は、「塾名」「ブログ名」「ウェブサイトのURL」いずれも単純なものにしています。これは、下記のような塾のポリシーに基づいています。

「分かりやすいのが一番。」
「分かりにくいものも出来るだけ分かりやすく。」

さて、塾のサイトの方も更新してゆかねば。

PageTop

新中学1年講座・新中学3年講座

公立小中学校の生徒を対象としている、完全少人数制宮田塾ですが、中学生については収容人数などの関係から、募集のない年もございました。

本年度につきましては、新中学1年生(現小学6年生)を若干名募集致します。もちろん、高校受験に至るまで万全のサポート体制で臨みます。

また、新中学3年生(現中学2年生)も若干名募集致します。志望校合格を勝ち取るために、全力で頑張ってみませんか?

3月からの新規時間割なども決定しておりますので、ご興味のある方はご連絡下さいませ。

PageTop

貞子

毎日色々ないたずらをしては叱られている我が息子。私も見つけるたびに叱っておりますが、3歳というのはそういう時期なのでしょう。

今日は副代表に叱られた後、「そんなことばっかりしていると『貞子』が来るよ!来ても助けへんよ!」と言われ、泣いておりました。

ちなみに「貞子」は、映画化された鈴木光司の小説「リング」に出てくるキャラクター。ご存知の方が多く、説明するまでもないかもしれませんが、TVモニタから這い出てくる彼女は、いかにも正統的な幽霊です。長髪・白い着流しの女性が恨めしそうにこちらをにらむ...。日本のお化け、かくあるべし、という感じですね。

我が息子、たまたま「貞子」をYouTubeで見て以来、恐れを抱いているようで、副代表が髪の毛を前にして「さぁ~だぁ~こぉ~」と言うと、私に飛びついてきます。あんな怖い映像を見せて悪いことをしてしまったなぁ、と少し反省。

夜に息子と遊んでいると、例の「ひらがなマシーン」で、一生懸命になにかを録音しています。よく聞いてみると、

「さ だ こ が お し い れ か ら で て く る よ」

正月から、変なもの出すなよ~。

PageTop

コピーするなら完全に!

当塾では、小学生に算数を教えるとき、色々なテクニックを使います。割合関連の式を図でまとめたり、速さ関連の式も図でまとめたり。「割合」などで言えば、普通に式を覚えてもらうより正確に理解できる上に、変数の関連性がつかみやすいというのがその理由です(宮田塾だけではなく、ちゃんとした塾なら、色々工夫されているところだとは思います)。

もちろん、小学生にややこしい口上を述べるのは禁物。「ここは難しい単元だけど、この図を覚えればどんな問題でもできるようになるよ!この図の使い方はね...」とできるだけ単純化して(&ちょっと大げさに)伝えています。

生徒達は学校のテストなどでも、当塾で教えた図・方法を使って問題を解いてくれているようです。ここまではいいんですが、生徒達によると、学校の先生がテストの答案用紙の端っこに書かれていた図・方法を見て、授業でまねをしている、との由。

生徒「せっかく塾に来て教わっているのに、他の子達にマネされんのいやや~!」

私「まぁ、いいやんか。学校の先生にもマネされるぐらいだから、すごくいい問題の解き方だって分かったやろ。むしろ人に教えてあげたらいいよ。教えたら自分の理解もすご~く深くなるねんで。」

しかし、問題はここからです。生徒達に詳しく話を聞いてみると、微妙に教え方が変わっている!語弊を恐れずに言えば、間違った方法で教えている!そう教えたら立式の時に間違ってしまうじゃないですか~!

これはちょっと困ったなぁと思います。塾の生徒については、私や副代表が修正することが出来ますが、見も知らぬ小学生についてはどうしようもないですし。

私や副代表に責任があるとはゆめゆめ思いませんが、コピーするなら完全にコピーして欲しいなぁと思います。

PageTop

生誕200周年 ショパン/緒方洪庵

ショパン / 緒方洪庵

今年生誕200周年を迎える有名人物の中で、私が特に興味を持っている二人です。

1810年、ショパンはポーランドに、緒方洪庵は備中(今の岡山県)に生を享けました。

片やピアノの詩人にしてパリ社交界の貴公子、片や西洋医学の先駆者にして適塾塾長。適塾を見学したときに、初めて両者の生年が同じであることに気づいたんですが、全然別の時代の人のように思い込んでいた(というか関連を考えたことがなかった)ので、少なからず驚きました。

ショパンは色々なイベントやCDの発売がありそうで今から楽しみですが、洪庵先生(敬意と親しみを込めてこう呼びたい)の方も何か記念式典みたいのものがあるんでしょうか。

適塾と洪庵先生については、いずれまたこのブログに書いてみたいと思います。どう控えめに見ても、適塾は、この国に現れ出た塾の中で最高の塾であることに間違いはないでしょう。有名大学に何人入れた、とかそんなレベルの低い話ではなく、ある意味、東大京大阪大の源流になっているわけですから(塾生だった福沢諭吉のことを考えれば慶應義塾も入れてよいかも)。松下村塾もすごいかもしれませんが、学問的な見地からすると適塾の比ではないでしょう。

適塾を「目標」とするなんて、おこがましすぎて口が裂けても言えませんが、せめて万分の一、億分の一でも近づければ、という気持ちで当塾を運営しております。

<追記>
よく考えてみると、今年は2009年ですね。上記の記事、ちょっと早すぎました...。まぁ、来年には妥当な記事になるかと思うので、このまま置いておきましょう。それほど、ショパンと洪庵先生は偉大なんだということにしておいて下さい(笑)。

PageTop

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。