宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古典のすすめ 「源氏物語を語る」


2009年3月25日の毎日新聞に「源氏物語を語る」という企画特集が掲載されていました。

研究者同士の対談形式になっていて、色々と興味深い記事なんですが、秋山虔氏(東大名誉教授・源氏物語の研究者)の発言に強く同意。一部をご紹介しましょう。

(秋山氏発言)
我々は遺産に恵まれているという自覚を持つべきです。現在、前途に希望の持てる人は少ない。以前のような経済大国でもなくなるし、国際政治でも発言力はどうでしょう。

では、日本のとりえは何か。文化遺産に恵まれ、その伝統の中に生きていることです。古典は人間とは何かを教える。源氏だけでなく、徒然草も平家物語も。古典に恵まれた文化伝統に我々は育まれている、それを「よりどころ」としなければならない。


千年の時を経て生き残っている古典。やっぱり伊達じゃないんですよ。素晴らしいからこそ、読み継がれ、生き残る。
私自身、日本という国に誇りを持つといった大層なことは苦手なんですが、「日本の古典文学」には誇りを持ってよいと思います。後ろ向きになれと言いたいわけではありません。むしろ古典は今を生きているのだと思うのです。

ただ、古典の良さは、ある程度年を取らないと分からないのも事実である気がします。実際、私も子供の頃は古典と言われても、何も感じるところはなかったわけですから。

こんなエピソードが紹介されています。

(秋山氏発言)
京都大で中国文学を講じた故高橋和巳氏がエッセーで、「論語」が壁に投げつけたくなるほど嫌いだったが、付き合っているうちに規範的な正典になった、と。


この高橋和巳氏のエピソードは、別のところでも聞いたことがありますが、何とも味わい深い話です。仇敵転じて親友となる。私も「論語」がどうも苦手だったんですが、年を取るにつれて「下々の民を治めるために論語的な道徳を強要する社会」が嫌いなだけである、ということが理解されてきました。

中島敦の「弟子」を読んでみると、そこに描かれる「孔子先生」は腕っ節の強い人徳者(ただし暴力は振るわない)。何とも格好のよい男です。真偽の程は別として、そうした人間像を介してみると「論語」の内容自体は、納得できる事柄ばかりです。胸にストンと落ちてくる感じとでもいいましょうか(余談ですが、自分の息子の名前は「論語」から字をもらっています)。

次に言葉(日本語)の豊かさ。

(秋山氏発言)
言葉の素晴らしさは古文を学ぶ中で感じ取れます。古語を現代語に言い換えると、語感が死んでしまう。いかに自分たちの言葉が貧寒であるかもまた逆に実感できます。ことに心情表現の形容詞はそうですね。


正にその通りです。古文や古語を通じてこそ、言葉(日本語)の豊かさを初めて知ることが出来るのだと断言したい。そういう意味で、古語・古典を知らずして国語を語るべきではないと思っています。秋山氏のように、自分たちの言葉が貧寒であるとまでは思いませんが、古語の心情表現や美的表現が本当に豊かなのは間違いありません。

受験生は、合格して暇になったら、受験勉強を離れて気楽に日本の古典に親しんでもらいたいと思います。「気楽に」というのがポイントなんですが、「古典との気楽な付き合い方」はいずれまた記事にしたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

桜咲く おめでとうございます

今朝、何度か勉強のアドバイスをしていた高校生から、大阪教育大学後期合格の報告を受けました。

おめでとうございます。

当方の時間的な都合から、昨年度は大学受験対策の正式な授業を組むことができませんでした。そんなわけで、彼には古文・漢文のアドバイスをほんの少しさせて貰っただけでした。

正直、合格は彼が独力でつかんだもの。自信を持ってもらってよいと思います。私は彼の合格に何も寄与していないので、ブログに書くのも厚かましい気がするんですが、報告してくれた気持ちが嬉しく記事にしてみる次第です。

今後のさらなる飛躍をお祈りしています。

PageTop

阪神なんば線開通と中学受験

本日(2009/3/20)、阪神なんば線が開通しました。

奈良と神戸が一直線でつながるわけですから、心理的にも経済的にも大きな影響を生むことでしょう。

個人的には、三ノ宮へのアクセスがよくなったのが嬉しいところ。今までですと、玉造→大阪→(JR/阪急/阪神のいずれかを利用して)三ノ宮、というルートでしたが、今日以降は、鶴橋まで徒歩(10分少々)→三ノ宮というルートを選択できます。今まででも十分便利だったんですが、乗換がないということで心理的に近くなった気がしますね。ほとぼりが冷めたら、また出かけてみようと思います。

さて、塾のブログとしては、中学受験地図の塗り替えが気になるところです。奈良県の小学生が兵庫県の中学を受験したり、逆に兵庫県の小学生が奈良県の中学を受験したり、ということが容易に想像されますからね。

実際、新聞報道によると、以前には少なかった上記のような居住地・受験校の組み合わせが出てきているとの由。つまり、奈良県の子供が灘中学に通学したり、兵庫県の子供が東大寺学園中学に通学したり、といった例が以前に比べて多くなるのでしょう。また、明星・清風・上宮といった上本町近辺の中学校は、阪神沿線からのアクセスが非常によくなりますので、偏差値的な変動が発生するかもしれません。

そうした意味で、今回のなんば線開通は、中学受験にもある程度の影響を及ぼしそうです。

ちなみに、当塾は玉造駅(JR/地下鉄)が最寄駅ですが、隣の鶴橋駅(近鉄/JR/地下鉄)から歩いても10分少々で到着致します。以前在籍していた兵庫県の生徒さんは、大阪駅経由でおいでになっていましたが、今だともう少し楽になりますね。

PageTop

世界で一番大事なものは何?

息子と食事をしていて、何となく聞いてみたくなった質問。

私「なぁなぁ、世界で一番大事なものって何と思う?」

息子「う~ん、べんきょう?」

当然ながら、4歳になったばかりの息子に「勉強しろ」「勉強は大事だ」と言ったことは一度もありません。どこでそんなことを聞いてきたのやら。

思うに、家庭内で副代表と、塾・生徒・勉強・指導などの話を常時しているので、何とはなしに「勉強は大事だ」というムードが伝わっている模様。ある意味、ちょっと偏った育児環境なのかもしれません。気をつけねば...。

私「いやいや、まぁ勉強も大事なんやけど、もっともっと大事なものがあるやんか。」

息子「・・・う~ん、しゃしん?」

(前日、昔の写真を祖母と見ていた際、「写真に大事なシーンを残しておくのは大切やね~」と言われていたらしい。)

私「おいおい、勉強よりランク落ちてるやんか~。他に大事なもの忘れてない?」

息子「・・・わかれへん。なになん?」

私「パパは家族が一番大切と思うよ。それ以上に大事なものってないと思う。」

息子「かぞくってなに?」

私「家族というのは、パパとかママとかおじいちゃんとかおばあちゃんとかのことや。お前も大好きとか大事やとか思うやろ。家族がいちばん大切なものやねんで。」

かつて父親から授かった価値観を、また息子にも伝えていく。父親としての大事な仕事だと思っています。(何も言わないでも価値観は親子で驚くほど似てくるものでしょうが。)

息子「かぞくのことだいすき。でも、それって『ひと』やから『もの』とちがうとおもう。」

私「むむ、そういう考えもあるけど、『もの』には『ひと』が入るときもあるねん。」

息子「へぇ~。」

だんだんツッコミも鋭くなってきました。なんだか理屈っぽくなってきたような...(笑)。

PageTop

国語塾の日本語レッスン#3

今日は勘違いしやすい語の話です。

「気が置けない」人とはどんな人でしょう?

よくある間違いはこんな感じです。

×あいつは、すきあらばこちらの弱みにつけ込もうとしてくる。気が置けないヤツだ。

こんな風に「気が許せない・油断がならない」といった意味に捉えてしまいやすい言葉ですが、間違いです。

「気が置けない」「気をつかわないでよい・気さくで付き合いやすい」という意味の言葉です。したがって、正しい例文は次のようなものになります。

○ あいつは、小学生時代からの付き合いで、気が置けない友人の一人だ。

覚えにくいと思う方は、反対の表現「気を置く」「気が置ける」という表現を知っておくとよいでしょう。
これは古文にも出てくる表現で、「心を許せない、緊張または遠慮してうちとけることができない」の意味です。

考え方はこうです。

用心しないといけない人が側にいる。
(すきあらば嫌味を言ったり自分の物を奪おうとしたりする人を考えて下さい。)
  ↓
その人に注意を払わねばならない。
  ↓ 言い換えれば
その人にいつも自分の「気」を置かねばならない。

したがって「気を置く」「気が置ける」=「心を許せない・緊張または遠慮してうちとけることができない」ということになるわけです。

まとめです。

「気が置ける」→「気を置かなくてはならない」→「心を許せない・緊張または遠慮してうちとけることができない」

「気が置けない」→「気を置かなくてよい」→「気をつかわないでよい・気さくで付き合いやすい」

気が置けない塾でありたいものです。

PageTop

派遣切りと国語力

昨年暮れあたりから、報道でよく話題になる「派遣切り」

私、テレビは全くと言って良いほど見ないので、テレビがどういう論調で報じているのかはよく知りませんが、新聞を読んだり、ネット上で調べてみたりする限りでは、議論は大体二つの主張に落ちつくようです。

A.簡単にクビにできてしまうような法制度や社会システムが悪い。
B.クビになるのは自助努力が足りないからだ。自業自得。


極端に単純化すれば、「社会・会社が悪い」 vs 「クビになる本人が悪い」というところでしょうか。国語塾風に言えば二項対立的な議論ですね。(新聞はAの論調が多く、ネット上ではBの論調が多い気がします。)

このブログは塾のブログであり、どちらが正しいかはどうでもよいんですが(いいのか?)、少し気になった新聞記事をご紹介しましょう。

昨年暮れの毎日新聞に、「派遣切りを理由とした生活保護の申請が増えている」という内容の記事が掲載されました。要約すると、高校卒業後、非正規雇用で工場を転々としていたが、突然契約打ち切りを通告され、半ばホームレス状態になったという20代後半男性の話です。

話だけを聞いていると、確かに大変だな、と思うんですが、記事にある写真を見て、ちょっとひっかかる部分を感じました。

写真は生活保護申請書のクローズアップ。そこにはこう書かれています。

申請の理由「アパートを借りてふつうの生活がしたいです。」

よく見ると「借」という字が大きく間違っています。(この世にない字(?)なので、パソコン上のフォントでは表現できません。)

小学校で習う「借」という漢字を20代後半で間違う...。
しかも自分の生活・命をつなぐための大切な申請書を、(失礼ながら)稚拙な文章で書き、余白を大量に残して提出する...。

自治体の担当者も「真剣に申請する気があるのか?」と尋ねたくなったんではないでしょうかね。厳しいようですが、こういう人がちゃんとした履歴書を書けるとも思えず、したがって、再雇用されるまでの道のりもかなり厳しいものになるという気がします。

新聞記事は、彼に同情的な感じで書かれているんですが、私からすると、「至るべくして至った結果」という気がしないでもありません。書類を見るだけでも、彼のやる気のなさ・向上心のなさ(もっと言えば、小学生中学生時代の不勉強さ)が伺えるようなんですよね。私ですらそう思うのですから、いわんや百戦錬磨の人事担当者をや。

塾生達をこういう状況に落とすまい、万一そういう状況に立ち至ったとしても、こんな書類は絶対に書かせるまい、と決意させるに足る記事でした。

当塾では「漢字は大事だよ」「表現力は大事だよ」としつこく指導していますが、そういう背景もあるんですね。(ほんまかいな?)

PageTop

国語力の低下 - ある現状報告を読んで


「若者の国語力が著しく低下してきている」という話は、皆さんも耳にされたことがあるかと存じます。仕事柄、小学生・中学生・高校生の文章を読むことが多い私の場合、日々肌で感じている事実でもあります。

国語塾を主宰している私にとっては、かなり興味深い話題であり、このブログでも関連事項を何度か取り上げてきました。

(参照記事 : 字幕付き映画と国語力)
(参照記事 : 司馬遼太郎と国語教育)

先程、「国語力の低下」という話題をネットで調べていて、面白い記事に出会いました。

卒業文集の原稿に見る国語力の低下 (コスモスブログ内の記事)

あえて引用はしませんが、全く同感です。

現場に立っている方だからこそ感じる学力(国語力)崩壊。本当にリアルな現状報告になっていると感じます。

「国語の学力低下」という話題に少しでもご興味をお持ちの方は、お読みになることをお薦め致します。

<追記>
同じ観点から、「派遣切り」についても記事を書いてみたいと思います。

PageTop

道頓堀川のカーネル・サンダース

道頓堀川でケンタッキー・フライド・チキンのカーネル・サンダース人形が「救出」されたようですね。1985年に阪神が優勝した際、熱狂したファンが担ぎ上げ、戎橋から道頓堀川に放り込み、そのまま行方不明になっていたという人形です。

この後、阪神が日本一に輝くことはなく、「カーネル・サンダースの呪い」として恐れられていた(?)、ということは皆さんもよくご存知かと思います。

新聞やネットで写真を見ましたが、何というか...ただの汚い人形です。こんな見苦しいものをニュースで取り上げるなよ、と思ったのは私だけではないはず。

ふと、1985年のことを思い出しました。

その頃、私は高校1年生。母校の高津高校には、生徒・教師を問わず、何故か熱狂的な阪神タイガースファンが多く、阪神が快進撃を続けるとともに、学内のボルテージも上がっていったのでした。

休み時間に生徒同士が阪神話に花を咲かせているのはもちろん、先生方も「阪神が優勝したら授業なんかどうでもええ。みんな自習にしたるからどこへでも祝いに行け!」という始末。

ちなみに私が在籍していた頃の高津高校は自由極まりない学校でして、「自習時間」は勝手に校外に外出してよい時間。上六の喫茶店でだべるなり、本屋で立ち読みするなり、クラブの部室で寝るなり、好きに過ごしてよいことになっておりました。もちろん真面目に勉強してもよいのですが...。その後、本当にタイガースは優勝し、多数の先生方が授業を自主的に「自習時間」とされたのは楽しい思い出です。

さてさて、当時習っていた英語の某先生もタイガースの熱狂的ファン。某先生の授業は、前回に指名された生徒が、先生指定のテーマにしたがって英文を書いてくる→先生がその英文を講評・批評する、というところから始まるスタイルでした。

先生「阪神のリーグ優勝も目前だ!悲願達成間近だ!」

生徒達「うぉ~~!」

先生「そういうわけで、次回の英作文のテーマは『阪神優勝』とするぞ。担当は宮田にしよう。ちゃんと書いておくように。」

私「えっ?もっとタイガースに詳しい適役がいると思いますが...。」

先生「いや、順番的にお前だからなぁ。ちゃんと書いてこい。」

私「はい...。」

紅顔の美少年だった私は(せめてブログではそういうことにしておいて下さい)、困りました。というのも、プロ野球には全くと言ってよいほど興味が無く、皆が「阪神、阪神」と熱狂しているのを苦々しい気持ちで見ていたぐらいですから。「巨人」ファンなら、まだ同じ土俵で議論できそうですが、そもそも「野球」に全然興味がないので、どうしようもありません。

しぶしぶ書いた英文は、概略こんな内容だったと思います。

「野球というような、球を投げて打つだけの単純な競技に、どうして人は熱狂するのであろうか。私からすると、非常に愚かしいことに思えてならない。スポーツへの熱狂は、ややもすると、単純に何かを盲信することにつながるのではないか。恐ろしいことである。なお、私は野球に興味がないだけであり、阪神が負ければよいとまでは思っていないので、ファンの皆は機嫌を損ねないで欲しい。」

なんて嫌味なヤツ(笑)。

黒板に書いておいた英作文を見た先生は、みるみる顔を曇らせ、私は先生からの猛攻撃を受けたのでした。「馬鹿者!」「なんだこれは!」「こんなの阪神優勝と関係ないではないか!」

ただ、こういう意見を尊重してくれる雅量のある先生でしたので(そうでなければいくら私でもこんな文章は書きません)、一応お許し頂けた記憶があります。文法や単語といった英語表現自体はバッチリだったのもあるかもしれませんが。

何でも、引き上げたサンダース人形、甲子園球場の記念館に飾る話まであるとか。本気ですか?

PageTop

国語塾の日本語レッスン#2

今日は紛らわしい表現について。

それぞれ、A・Bのいずれが正解かを考えてみて下さい。

<1問目>
A:彼の発言は当を得ている。
B:彼の発言は当を射ている。

<2問目>
A:彼の発言は的を得ている。
B:彼の発言は的を射ている。

<3問目>
A:彼の発言は正鵠を得ている。
B:彼の発言は正鵠を射ている。


では解説です。

<1問目>
正解:A
「当を得る(とうをえる)」が正確な表現です。
「当」とは「道理にかなっていること」を表しており(正当・妥当といった熟語を考えてみて下さい)、「当を得る」も同じく「道理にかなっていること」を表すことになります。


<2問目>
正解:B
「的を射る(まとをいる)」が正確な表現です。
「的(まと)」は「標的」・「物事の核心」を表しており、「的を射る」で「物事の肝心な点を確実にとらえる」という意味になります。


上記2問については、
「当(とう)」は「道理」だから「得る」もの、
「的(まと)」は「標的」だから「射る」もの、
と覚えれば間違いにくいのではないでしょうか。

これで、「当を射る」とか「的を得る」といった誤用は避けられますね。はい、次の問題。

<3問目>
正解:AとB
「正鵠(せいこく)」とは、少し聞き慣れない言葉ですが、「弓の的の中央の黒ぼし」のことです。上記の考えからいくと、「射る」の方が良さそうですが、「得る」もOKということになっています。実際、森鴎外の小説の中にも「正鵠を得る」という表現が出てきます。

まぁ、「ど真ん中ゲットだぜ!」という感じで「得る」も使えると覚えておいてもらうとよいでしょう。

「正鵠を射る」であれ、「正鵠を得る」であれ、意味としては、「物事の肝心な点を確実にとらえる」ということになります。つまり「的を射る」と同じ意味ですね。


それでは例文をば。

・中川君の答案はどうも当を得ない。酒にでも酔って答案を書いたのか。
的を射た記者の質問に、中川君はたじろいだ。

最後はちょっと時事ネタになってしまいました。

PageTop

国語塾の日本語レッスン#1

よく似た慣用句の話です。

「目を剥(む)く」「目を皿のようにする」の違いは分かりますか?身体の動作的には同じようなものに思えますよね。(西川きよしさんみたいな目になる感じ?) しかし、意味は大きく異なります。中学受験レベルの知識ですが、意外に盲点になっているかもしれません。

「目を剥く」は、怒ったり驚いたりして目を見開くこと。

「目を皿のようにする」は、懸命に探し求める様子。

慣用句は少し抽象的なところがあるので、できるだけ例文を通じて覚えることを勧めていますが、こんな例文はどうでしょう。

・きよしは、遅刻してきたやすしに、目を剥いて食ってかかった。
・きよしは、目を皿のようにして、楽屋の隅々まで探し回った。


例文は「きよし」じゃなくても構いませんけれど...。

PageTop

国語塾の日本語レッスン#0

以前から書こう書こうと思っていた、日本語検定向きの合格指南講座。忙しさにかまけて手つかずのままでしたが、そろそろ始めてみましょう。

取り上げる内容は、原則として「日本語検定上級(1級・準1級・2級・準2級程度)」や「漢字検定上級」を念頭に置いていますが、検定試験だけにこだわると継続が難しそうなので、もう少し幅を持たせておこうかと思います。

そんなわけで、タイトルは「国語塾の日本語レッスン」

国語を教えていると、読解力や表現力に関して気づくことは多いのですが、一般化しにくい部分があるのも事実です(だからこそ受験国語については個別指導制にしています)。

一方で、文法・漢字・言葉の知識といった分野については、比較的一般化しやすく、ブログで扱うのにも適していると思われます。

日本語・国語に関する検定にも役立ち、中学入試や大学入試にも役立ち、かつ、大人の国語力のブラッシュアップにもなる、そんな内容にしてゆきたいと思います。

ちょっと欲張りすぎですが、気楽にお付き合い下さい。

PageTop

大阪市の小中一貫教育(公立小中学校)

大阪市でも2011年度から市立小中全校で、小中一貫教育が始まるようです。まだ詳細は分かりませんが、記事によると以下のような内容を想定しているようです。

大阪市も全429校で小中一貫教育 2011年度から (asahi.com 2009.03.05の記事)

(枠内内容は上記記事より引用)
大阪市教委によると、中学校と周辺の小学校が連携し、中学校の教員が小学校で出前授業をしたり、小学6年生が中学校での授業や部活動を体験したりすることを想定している。小1~中3の9年間を通したカリキュラムをつくり、学習指導や生活指導に連続性を持たせるという。


「出前授業」に大きな意義があるとは思えないですね。実際、当塾近辺では、ずいぶん前から英語に関して小中学校の連携やデータ採取が行われているはずですが、特にそれが大きな成果を上げているという話は聞きません。(生徒達を見ていても特に大きな変化があるようには見えません。)

「部活動体験」については、ちょっと期待。また別記事で書こうと思っていますが、現在の公立中学校のクラブ活動は(すべてではありませんが)かなり歪んでいる気がしてなりません。部活動で夜7~8時頃に帰宅、なんてケースはザラです。勉強の大きな阻害要因になっており、それが原因で受験する高校のランクを下げるという話も珍しくありません。小学生のうちにそういう事情に気づいてもらう契機になれば、という気がします。

「小学校6年・中学校3年の9年間を通したカリキュラム」についてですが、今でも文部科学省の指導要領は、そういう考えのもと策定されているはずです。屋上屋を架すだけのような気がします。

ずいぶん否定的な見方をして申し訳ないんですが、「クラブ活動に少し早めに触れる」という以外は、今までとあまり変わりないような...。

仮に何か学習面で大きな変動があるようでしたら、当塾の方でも即座に対応していきたいと思います。

PageTop

「新年」の挨拶

いよいよ3月がやってきました。新しい時間割のもと、新しい生徒達を迎え、新学年のスタートです。塾としては、ある意味、1月1日よりも「新年」らしい感じがあります。

年度替わりの頃は、またまた雑務が多い時期でして、新規テキストへの書き込みや、書類の整理などに忙殺されます。なかでも特に大切なのは「授業進行の概要決定」です。副代表とあれこれ相談し、計画を立て、また相談し、また計画を立て...という風に概要を練っていくんですが、これがまた長いミーティングになります。

別に大多数の人間が働いている会社ではありませんから、「無駄な会議」というのは排除できるんですが、逆に言えば「必要な会議」は徹底的にせねばならないということでもあります。この時期は朝から晩まで、授業時間以外は「会議」という感じです。(まぁ、いつの時期も似たようなものかもしれませんが。)

そんなこんなで、2月最後の日曜日はあっという間に過ぎてしまいました。今年も頑張っていきますので、宜しくお願い致します。

「新年」の挨拶でした。

<追記>
ちょっと思うところがあって、ブログのタイトルを修正してみました。中身は何も変わりませんので、今後とも宜しくお願い致します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。