宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スポーツの力

京大から初のプロ野球選手が生まれました。数年前から、京大野球部が健闘しているという話は聞いていましたが、その立役者が今回プロとなる田中君。学問もしっかりして、スポーツも一流。報道で見ていても、飾ったところのない冷静な好青年ですし、頑張って欲しいと思います。

田中 京大初のプロ!一流商社内定蹴り決意「使命感持って」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

本来、スポーツも知力が大きく影響する世界ですから、難関大学からどしどしプロスポーツ選手が出てきてもおかしくはないんですが、なかなかそうは行きません。やっぱり普通はどちらかに特化せざるをえない。難関大学よりもプロスポーツ選手の方が遥かに狭き門ですから、その道で生きて行こうと思えば、いわゆる「お勉強」は棄てるに如かず、ということになるんでしょう。

私などは、リスクヘッジとしてできるだけ勉強も棄てない方がいいと思うんですが、それは小市民の考えなんでしょうね。

私の高校(クラブ)・大学の先輩で、京大アメリカン・フットボール部を大いに盛り上げた方がいます。K先輩は大学のアメリカン・フットボール部を大学選手権優勝に導いただけでなく、全日本優勝にまで(確か複数回)導いたんですが、マスコミにしょっちゅう取り上げられていました。書店で見かけたスポーツ雑誌の表紙を飾っていたり、スポーツ新聞の一面をでかでかと飾っていたり。全日本最優秀選手賞ももらっていらっしゃったはず。私、スポーツ観戦にほとんど興味がないので、新聞やテレビでちらちら見るだけだったんですけどね(後輩甲斐のないヤツですみません)。

友人から聞いた話によると、先輩が大学を卒業される際は、某一流企業がどうしても先輩を欲しがりなかなか引き下がってくれなかったらしく、首を縦に振らない彼に「君のために研究室を建てるから是非入社してください」とプロポーズ(?)してきたとのこと。スポーツの力って本当に凄いなと思ったことがあります(というか、先輩が凄いんでしょうが)。結局、違う企業に入社なさったんですが、そこら辺が冷静な先輩らしいなと思った次第。

大学のスクールカラーについて書こうと思っていたんですが、話が逸れてしまいました。またの機会に。




関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。