宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Under the Boardwalk

先程ニュースを読んでいて、ベン・E・キング(Ben E.King)が亡くなったことを知りました。『スタンド・バイ・ミー(Stand By Me)』は誰もが一度は聞いたことのある曲でしょう。

ベン・E・キングは、ドリフターズ(Drifters)の一員としてデビューしました。もちろん、日本のコミックバンドではありません。本家本元の米国R&Bコーラス・グループです。

高校生の頃、よくドリフターズを聴いていたことを思い出し、(CDを引っ張り出すのも面倒なので)YouTubeで聴いているんですが、今聴いてみると素朴なコーラス・グループだなと思います。アクやエグみがあまりないんですよね。そこが良くもあり、物足りなくもある。同時期の歌手・グループに比べてなんとなく上品に見えたのは、そんなところに起因していたのかな、なんて思います。

ソロ活動に移ってからも、そこはあまり変わりません。とてもいい歌手だと思うけれど、熱狂するまでには至らない。私にとっては、そんな立ち位置の歌手です。

追悼記事を書く人のほとんどは『Stand by Me』を引用するでしょうから、すこしずらします。

2日ほど前、アップルのカスタマーセンターに電話する用事があったんですが、ずいぶん待たされました。で、保留中の曲を聴くともなしに聴いていたんですが、なかなかセンスが良いんです。ボブ・マーリーだったり、ノラ・ジョーンズだったり。主張はあるけれど、声高でない曲調のものを選んであるんですね。誰が選曲しているのかは知りませんが、ひょっとして今は亡きジョブズのプレイリストからなのかも、と考えてみたり。

待ち時間で10曲ぐらい聴かされたんですが(笑)、その中の一曲に、ドリフターズの「Under the Boardwalk」が含まれていました。多分、トム・トム・クラブ(TomTomClub)のヴァージョン。ふむふむ、選曲に一貫性があるね。

でも、やっぱりオリジナルのドリフターズ版に軍配が上がります。なんとなく、一緒に口ずさみたくなる雰囲気がある。

Under the boardwalk - The drifters


他に私がよく聴いてきたバージョンは、ローリング・ストーンズの演奏。高校生の頃だったと思うんですが、最初にこのバージョンを聴いたときはずっこけましたよ。あまりに下手すぎて(笑)。でも、嫌いじゃない。というか好きです。

The rolling stones...Under the Boardwalk.





関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。