宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桃太郎ペプシCM - 物語に求められるもの

いささか旧聞に属しますが、ペプシCM「桃太郎」のキジ編が来てますね。

桃太郎 エピソード3 キジ編


昔話「桃太郎」を知らない人はいませんが、あの話、よく考えてみると、かなりおかしな点があります。

確かに鬼も悪辣な行為をして蓄財したのかもしれないんですが、とりあえず今のところは平衡状態にあるわけです。その状態を、成長した桃太郎が暴力をもってひっくり返す。桃太郎も爺さん婆さんも直接鬼の被害にあったわけではなさそうなのに、鬼に対し暴虐悪逆の限りを尽くす。ひょっとしたら、桃太郎は鬼の子供も含め鬼一族を殲滅したのかも……。

昔話というのは子供にも理解できるよう平板な内容になっていることが多いので、深読みする意味はないのかもしれません。しかし、桃太郎がかなり好戦的であることに違いはないでしょう。対価(きびだんご)を支払って本格的に兵力(サル・イヌ・キジ)まで徴発しているわけですし。

で、このペプシの映像広告なんですが、桃太郎が、そして桃太郎と行動を共にする者たちが、なぜに闘いに赴くのかが納得できる内容になっています。しかも映画レベルのクオリティなので、説得力がありますよね。己の存立基盤を賭けた闘いの行方やいかに。

もちろん、ストーリーとして、桃太郎達が勝って鬼が負けるのは当然です。しかし、そこに至る必然性と説得力、それこそが物語に求められるものです。このペプシの広告には、短時間で必然性を悟らせる説得力があって素晴らしいと思います。

主題歌 The Heavy 「Same ol'」、個人的にはもう完全に「桃太郎の曲」になってしまいました(笑)。

次のエピソードが楽しみです。

桃太郎 エピソード0〜2




関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。