宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

総理大臣と漢字


随分前から総理大臣の漢字力が問題になっていますね。

マスコミや世間一般としては、「総理までつとめながら、この漢字力は何だ、もっと勉強しろ」といったところが多数意見であるような気がします。

しかし、こうも言えるんじゃないでしょうか。

「日本という国は、このレベルの漢字力(ひいては教養)の人でも、総理大臣がつとまる国である。」

これはある意味、幸せなことである気がしますね。リーダーの高度な知性やカリスマ性やらに頼らずとも、陰でスタッフが事を運んでゆき、国民も原則としてそれを問題視しない。

逆に、内戦に明け暮れる前途多難な国などは、上述のようなリーダーがまさに命がけで事に当たらねばならないわけですから。

さてさて、政治問題に踏み込みそうなので、話頭を転じましょう。

昨日(2009.01.20)の参院委員会で、首相が「未曾有」を「みぞう」と正しく音読し、委員たちがどよめいた、という報道がありました。

http://www.asahi.com/politics/update/0120/TKY200901200167.html

同じ場で、野党議員が、首相が月刊誌に「寄稿」した文章から、難しい漢字を抜き出して「本当に首相が書いたのか」と詰め寄ったとの由。まぁ、その真偽は自明なので、どうでもよいとも言えますが(笑)、引用した次のリストを見て下さい。

(1)就中
(2)唯々諾々
(3)揶揄
(4)畢竟
(5)叱咤激励
(6)中興の祖
(7)窶し
(8)朝令暮改
(9)愚弄
(10)合従連衡
(11)乾坤一擲
(12)面目躍如
(出典 石井一事務所作成)

 【回答】
(1)なかんずく
(2)いいだくだく
(3)やゆ
(4)ひっきょう
(5)しったげきれい
(6)ちゅうこうのそ
(7)やつし
(8)ちょうれいぼかい
(9)ぐろう
(10)がっしょうれんこう
(11)けんこんいってき
(12)めんぼくやくじょ
(読みは「広辞苑第6版」から)
※上記asahi.comの記事より引用


(読みを広辞苑から引用するなら「回答」より「解答」の方がいいと思いますが、朝日新聞の考えはさておき)

私にとっては(仕事柄)どれも簡単に思えますが、一般的にはちょっと堅苦しい言葉ですね。

で、気になるのは12番。意味は「いかにもその人に似つかわしく、立派であるようす」ですが、私としては「めんもくやくじょ」と読みたいところ。覚え間違っていたかな?と思い、調べてみました。

「めんぼくやくじょ」で掲載している辞書
岩波書店 広辞苑
「めんもくやくじょ」で掲載している辞書
三省堂 大辞林
小学館 大辞泉
学研 国語大辞典
漢検 四字熟語辞典
学研 故事諺辞典(「めんぼく」とも読めるとの注あり)

(※下記の辞書は「めんぼく」または「めんもく」という語で立項しており、単独の立項がないので除外。 岩波国語辞典 / 三省堂新明解国語辞典 / 大修館書店明鏡国語辞典)

どうでしょうか?多数決で言えば、「めんもくやくじょ」ですよね。ただ、広辞苑は権威がありますしね...。

とりあえず両方正解、というのが無難な結論でしょうか。

今日は、国語塾らしく、国語問題に着地したところで終了です。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。