宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国語塾の日本語レッスン#1

よく似た慣用句の話です。

「目を剥(む)く」「目を皿のようにする」の違いは分かりますか?身体の動作的には同じようなものに思えますよね。(西川きよしさんみたいな目になる感じ?) しかし、意味は大きく異なります。中学受験レベルの知識ですが、意外に盲点になっているかもしれません。

「目を剥く」は、怒ったり驚いたりして目を見開くこと。

「目を皿のようにする」は、懸命に探し求める様子。

慣用句は少し抽象的なところがあるので、できるだけ例文を通じて覚えることを勧めていますが、こんな例文はどうでしょう。

・きよしは、遅刻してきたやすしに、目を剥いて食ってかかった。
・きよしは、目を皿のようにして、楽屋の隅々まで探し回った。


例文は「きよし」じゃなくても構いませんけれど...。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。