宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

井上雄彦の作品(毎日新聞書評)

日曜日の毎日新聞朝刊には、書評が掲載されています。ニュースはネットで読んでしまうことが多いんですが、書評については(現時点では)、新聞に譲るところが大きいですね。

……と思っていたら、書評もネットで読めるんですね。うむむ。

今週の本棚 - 毎日jp(毎日新聞)

今日は面白い書評がいくつかありまして、一つは詩人の伊藤比呂美氏が井上雄彦氏の3作品を選び・語るという記事です。

今週の本棚・この人この3冊:井上雄彦=伊藤比呂美・選 - 毎日jp(毎日新聞)

井上雄彦氏は『スラムダンク』や『バガボンド』で有名な漫画家。伊藤比呂美氏は、3作品として、上記の二作品に加えて『リアル』を挙げています。

『バガボンド』の主人公は宮本武蔵。しかし実は、井上雄彦が井上雄彦としての道をきわめようとしている物語だ。井上雄彦という表現者がどんどんむきだしになっていく。井上の戦いに武蔵の戦いがかぶさる。漫画としては、未踏の分野に踏み込んでいる。それはとても凄(すさ)まじい。わたしは目をそむけながら、見届けていこうと思っている。(上記記事より引用)


この漫画の凄まじさの一つは、武蔵をはじめとする剣に生きる者たちの血みどろの闘いの描写にあるでしょう。指や腕や耳がちぎれ飛び、血飛沫で赤く染まる闘い。しかし、それだけでなく、井上雄彦氏の表現者としての求道的な闘いこそが、その凄まじさを強烈なものにしている、そう私には思えます。

三人の主人公が、やっとぴたりとつながった。それだけでも快感なのに、最初の一言から最後の一言までむだなことばがまったくない。漫画という情報量の多い表現のクセに、現代詩以上にそぎ落とされ、とぎ澄まされたことばで世界ができている。ついこの間まで漫画に期待もしていなかったことばの表現がここにある。それが、井上雄彦のリアル。(上記記事より引用)


『リアル』は車いすバスケットの物語。こちらも全巻読んでいますが、伊藤氏の言うように、登場人物の内面を「とぎ澄まされた」言葉と絵でえぐり取るように表現している漫画です。

『バガボンド』『リアル』ともに、暴力的・性的な表現があるため、小中学生には薦めにくい漫画ですが、高校生以上ならOKかと思います。私も副代表も、彼の新刊が出るのを楽しみにしています。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。