宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自然災害に思うこと

ミャンマーに大規模サイクロン、中国四川省に大地震。本当は報道もしっかり読まないといけないんでしょうが、どうも読む気が起こりません。見出しだけを見て済ませてしまう。

「死者○○万人」と報道されますが、亡くなった一人一人に暮らしや人生や未来があって、そして、亡くなった人を頼りにしていた人がいて...と想像すると、何か気が遠くなります。

子を失った親の悲嘆、親を失った子の悲痛。どこまでも拡がってゆく莫大な悲しみは、経済的な損失とは違って数字になりませんが、その大きさを思うとき、圧倒されてしまいます。

自然に人間が翻弄されるという点では、鴨長明が方丈記を著した頃と何も変わっていません。阪神大震災の時もそうでしたが、自然災害は、人間のはかなさを痛烈に感じさせる出来事です。

この記事、何か結論があるわけではありません。

いずれ、阪神大震災の思い出についても書いてみたいと思います。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。