宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本語が分からない人向きのカタカナフォント

日本語が分からない人向きのカタカナフォント「phonetikana」。

これなら、カタカナが読めない外国人でも、発音はできますね。賢いデザイナーだなぁ。

百聞は一見に如かず、一度ご覧あれ。

johnson banks: phonetikana

ちなみに、下の方にある "big in Japan" って、「(本国ではさほど有名でないのに)日本でだけ有名な」という言葉です。いや、蔑称と言った方がいいでしょうか。

例えばベンチャーズなんかが代表例。テケテケテケテケテケテケテケテケ……(ファンの方がいたらすみません)。今、Wikipediaで調べてみると、スタニスラフ・ブーニンもクラシック界の代表例として挙げられています。確かに個人的には好みのピアニストではありませんが、仮にもショパン国際ピアノコンクール優勝者ですからね。例としてちょっと不適切な気はします。

話がそれてしまいました(笑)。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。