宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

The Foggy Dew (フォギー・デュー)

今日は小雨のせいか、霧がかかったような朝です。息子を幼稚園に送ってゆく際も、9時前だというのに、そこかしこの街灯がまだ点っています。

こんな日は何となく、"The Foggy Dew" (霧の露) を聴きたくなります。1916年の復活祭に起きたアイルランドの武装蜂起を歌うこの曲、アイルランド人の誇りを切なく体現しており、様々なミュージシャンが演奏しています。

ちょっとYouTubeで探してみると、ありますね!

アイルランドの大御所的バンドであるチーフタンズ(The Chieftains)と、かなり跳ねっ返りなイメージのある女性シンガー、シネイド・オコナー(Sinead O'Connor)の共演が特にいい。

この組み合わせでの演奏は初めて見たんですが、懐の深い爺様達が、孫娘のようなオコナー(丸坊主の女性です)を暖かく見守っている風がとても微笑ましいんです。

独立のために命を賭した男達への鎮魂歌。アイルランド人としての誇りはどこまでも気高く。

歌詞も見たい方は、動画をクリックすると元のサイトに飛びます。そちらのコメント欄をどうぞ。


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。