宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

漢字の覚え方「壽」


カテゴリーに関する記事を書いていて思い出しました。

「カテゴリー」を日本語にすると「範疇」。
この「」という漢字、正確に書ける人は結構少ないのではないかと思います。問題は漢字の右側の部分です。「寿」という字の旧字体ですが、線が多くて混乱しますよね。

しかし、いい方法をお教えしましょう。

さむらい笛1インチ」 これだけです。

 さむらい→士
 笛→フ エ
 1→一
 インチ→吋

上から順番に書いてみて下さい。
ね、ちゃんと書けたでしょう?

吋(インチ)という漢字が難しければ、「さむらい笛1ロスン」でも構いませんが、やっぱり上記の方が絵が浮かんで良いですよね。吋(インチ)という漢字もこれを機会に覚えましょう。

この語呂合わせ、私が考案したものではなく、本を読んで知ったものなのですが、非常に良くできていると思います。考えた人に大感謝。(本来、書名も挙げるべきでしょうが、今となってはどこで読んだかが分かりません。すみません。)

これで「(ことぶき)」「躊躇(ちゅうちょ)」「波濤(はとう)」あたりも書けるようになるかと思います。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。