宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワールドカップ開幕と岡田監督の辞意

ワールドカップが開幕しました。サッカーに興味があるわけではないので、全くの人ごとであります。

ただ、(以前にも書きましたが)こうした国際的なスポーツ大会にまつわる人間模様はなかなか興味深いものです。

今回私が気になったのは、日本代表チーム岡田監督の言動です。5月の末頃でしたか、代表の岡田監督が辞意を表明したとの報道がありましたよね。岡田監督がサッカー協会の代表に進退伺を出したところ、協会代表に引き続き指揮を執るよう命ぜられた、という話だったように記憶しています。

(仮に単なるポーズであったとしても)これってまずい。非常にまずい。どうしようもなくまずい。そう思うのは私だけでしょうか。

サッカー日本代表ともなれば、それなりの大所帯だと思うんですが、経営学的に見ればやはり中小企業です。決して大企業ではない。

中小企業においては、リーダー(社長・監督)の行動や信念が、決定的に重要だと私は思います。リーダー自らプレーヤー(従業員・選手)を鼓舞し、統括してゆかないとならない。その上で、全責任を無条件に負うということも必要になるわけで、中小企業のリーダーは本当に辛い立場です。でも、そうしないと中小企業は回ってゆかない。

サッカーで言えば、選手達の実力不足から負けを喫したとしても、「すべては監督である私の責任だ」と言わねばなりませんし、勝ったら勝ったで「すべては選手達のおかげだ」と選手を持ち上げなければならない(と、私は思う)。

そうでない限り、プレーヤーは付いてこないと思うんですよね。ましてや、日本代表にまで登り詰めた男達ですから、鼻っ柱の強さたるや並大抵のものではないはず。「俺が全責任を取るからチームに全てを捧げろ」という姿勢を見せないことには、チームの統制が取れないのではないか。

それを、「やめようかなって思ったけど、上からやれって言われたからやっぱりやるよ」と言われても……。しかもワールドカップ本番直前にです。どんなプレーヤーでも士気が上がるはずがない。チーム内部のことはうかがい知れませんが、試合前からチーム内に不協和音が流れているのではないかと想像します。

私が代表選手なら、本番では監督を無視しまくって個人プレーに走りまくると思います。そしてどこか海外チームのオファーが来るのを待つ。嫌なヤツですね(笑)。

個人の力量では海外と差があるとされる日本チーム。そういうチームが勝利を得るためには、チームワークをどこまでも研ぎ澄ましてゆくしかない、と素人としては考えるんですが、その点において、今回の岡田監督の言動は、非常に不適切なものだったように思います。

加えて、目標をベスト4に置くというのもどうかと。目標は実現可能なところに置かないと、目標としての意味を失ってしまいますからね。

ということで、日本戦が始まる前に結果予想。

 3戦全敗&一次リーグ敗退

当たる相手は、いずれも日本より格上のチームとのことですから、余程のことがない限り勝利は挙げにくいと思うんですよね。そして上記のような事情から、「余程のこと」も期待しにくい。

以上、ずぶの素人の予想です。予想が外れて欲しいとは思いますが……。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。