宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国名変更と音楽

LP盤を整理していて思い出した話です。

高校生の頃、アフリカ音楽に興味を持ち、色々聴いていたんですが、特に面白いと思ったのが、旧ザイールのポピュラー音楽でした。その頃はザイレアン・ポップ(ザイールのポップ)と呼ばれることも多かったように記憶しますが、旧ザイール共和国は1997年国名をコンゴ民主共和国に変更したため、今やザイールという国は地球上に存在しません。

そんなわけで、今の日本ではリンガラ・ミュージック(リンガラ語で歌われる歌)という語の方がポピュラーになっているようです。地理・政治が音楽の呼び名に関わることがあるという例ですね。

さらに思い出話。

20年以上前、ザイールのトップバンドが大阪にコンサートに来たことがありました。高校生だった私は喜び勇んでコンサート会場に出かけましたが、観客のほとんどが在日ザイール大使館員ばっかりでビックリ。小さい会場(近鉄小劇場)なのに空席も目立ち、メンバーも心なしか不機嫌だったような...。しかしコンサート自体は最高に面白かったことを今でもよく覚えています。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。