宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本最大の書店 丸善&ジュンク堂書店梅田店

12月22日に開店した、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店に行ってきました。チャスカ茶屋町というビルの地下1階~地上7階、延べ面積6800平方メートル。書籍数約200万冊。店舗面積・在庫書籍数ともに日本最大の書店です。これまでの国内最大書店はジュンク堂池袋店だったんですが、その時点でも世界最大規模だという話を聞いたことがありますので、もしかするとこの丸善&ジュンク堂書店梅田店、世界最大のメガ書店なのかもしれません。

2010122401.jpg

検索しておいでになった方も多いでしょうから、基本情報・フロアガイドも載せておきます。


丸善&ジュンク堂書店梅田店
大阪府大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町B1~7F
06-6292-7383
営業時間 10:00-22:00

B1F コミック
1F 雑誌 新刊・話題書
2F 文庫 文芸 新書 文具
3F 地図 旅行 実用
4F PC 社会
5F 芸術 人文
6F 洋書 医学 理工
7F 学参 語学 児童書


この丸善&ジュンク堂書店梅田店 、「日本最大『』」ではなく、正真正銘の「日本最大」(もしかすると世界最大?)であるのは喜ばしいんですが、大阪の経済規模を考えると、こんなに大規模書店をたくさん作って大丈夫なのかと少々心配になります。

実際、大規模書店は梅田だけでも、

 ・ジュンク堂書店大阪本店
 ・ジュンク堂書店梅田ヒルトンプラザ店
 ・旭屋書店本店
 ・紀伊国屋書店梅田本店
 ・ブックファースト梅田店

の5店がありますし、来年2011年度は大阪駅ビル内に三省堂も参入予定とのことですから、どう考えても過当競争でしょう。

電子書籍も日に日に存在感が増してきていますし、個人的にはアマゾン抜きの生活も考えられません。これはひょっとしたら「リアル書店最終戦争」なのかも……、などと思いながら、息子と環状線で大阪駅に向かいました。

もよりの玉造駅から大阪駅までの乗車時間は13分なんですが、大阪駅から結構歩きます。入居しているビル名からお分かりの通り、「ロフト」のある茶屋町辺りなんですが、滅多に出かける用事のない街なのでちょっと新鮮です。知らないうちに色んな店ができているなぁ。

その中でもちょっと目を引く「チャスカ茶屋町」、あの安藤忠雄氏の設計らしいんですが、高校生なんかがよく使うあいさつ「ちゃーっす」(「こんにちはです」の転訛?)や、吉本新喜劇で多用されていた「ちゃーっそ!」(「しばきまわすぞ」の転訛?)を連想してしまうのは私だけでしょうか。私だけですね、はい。

チャスカ茶屋町 写真一覧/安藤忠雄建築研究所
http://www.hetgallery.com/chaska-chayamachi.html

さて、書店そのものは最高です。日本最大ですから当たり前ですが、とにかく書籍数が多い。専門的な書架を見ても、考えられる限りの書籍が揃えられています。「絶版書以外なら何でも来い、専門書のジュンク堂&丸善だぜ!」という自負が書架から伝わってきます(言い過ぎ?)。

8フロア全部をさっと見て回りましたが、通い慣れたジュンク堂スタイルですので、安心感もあります。仕事柄、学習参考書のコーナー(最上階)も見ておきましたが、非常に充実していますね。塾専用教材以外の市販参考書はすべて見られると思います。そうそう、洋書も大変な品揃えですので、大阪在住の英語話者には福音でしょう。

ただ、以前難波店オープンの時も書いたんですが、もう少し座り読みできる場所があると有り難いですね。

たまたま私が見つけた座席には、私の敬愛するPatti Smith(パティ・スミス)の『Just Kids』(ナショナル・ブックアワードを受賞しました)と彼女の写真集が飾られてありました。ここの店員さんのセンスが伺われてニヤリ。買おうかどうか迷ったんですが、洋書だと読むのに時間がかかるので、日本語版が出るのを待つことに。

関係者がこの記事をお読みになる可能性も高いので、要望を少し。

店舗規模から考えて、レジが1階にしかないことは少し問題があるように感じます。私が行った時間(祝日の午前中)ですと、50名程度のお客さんがレジに並んでいたかと思います。並ぶのが嫌いな私のような人間は、それだけで買う気を沮喪してしまいます。人件費や運営の問題もあるとは思いますが、複数階にカウンターを設けてもらえると有り難いところです。今のレジ状況は、販売機会を失っている可能性が高いと思います。

ともあれ、日本最大の書店が大阪にできたのは心強い限りです。私のホームグラウンドはジュンク堂難波店・千日前店・天満橋店あたりですが、この丸善&ジュンク堂書店梅田店も末永く付き合ってゆきたい書店。お祝いに「檸檬(レモン)」を置いて逃げ帰りたいぐらいの気持ちになりました。

(檸檬?なんじゃそりゃ?という向きは下記のいずれかを参考に。)

梶井基次郎 檸檬
http://www.aozora.gr.jp/cards/000074/files/424_19826.html

檸檬 (小説) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AA%B8%E6%AA%AC_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)


<関連記事>

大阪市内の大型書店リスト:国語塾・宮田塾のブログ
よく検索・参照いただいている記事。自分でもよく使っています。今回の開店を機に増訂しておきました。お役に立てば。

ジュンク堂難波店オープン:国語塾・宮田塾のブログ

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。