宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)の作品

ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)というフランス人映像作家・映画監督がいます。私、ミュージック・ビデオのDVDを買うことなんて滅多にないんですが、彼の手がけたミュージック・ビデオ集だけは例外。随分前に購入して、大切にしています。

DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION [DVD]DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION [DVD]
(2004/03/05)
ミシェル・ゴンドリー

少し前に映画『ロビン・フッド』を見に行った際、『グリーン・ホーネット』の予告編を上映していました。あれ、これって昔ブルース・リーが出演していた活劇だよな、リメイクされたんだな、と思いながら見ていると、何と監督はミシェル・ゴンドリー!

ミシェルは、これまでミュージック・ビデオ、つまり超短編を中心に活動してきた映像作家。長編映画もあるにはありましたが(私も未見)、それらは単館で上映されるアーティスティックな映画でした。今回、ハリウッド型の大規模映画に初参戦ということになります。しかも3D映画。是非見に行かねば。

『グリーン・ホーネット』を機会に、ミシェル・ゴンドリーについてお調べの方が増えてくることを見越して、ブログ記事にしておこうというのが、今回の趣旨です。

彼の映像はとにかく独創的。常人では思いつかないアイデアが、フランス人らしいウィットに富んだスタイルで具象化されます。奇抜でありつつ、どこか知的でどこか上品。

ミュージック・ビデオは、ややもすると、ミュージシャンの単なる動くグラビアになることが多い作品です。時間的制約(長くても4分程度)や、ミュージシャンのプロモーションという目的がある以上、やむを得ないところもありますが、ミシェルはその中で最大限の芸術性を爆発させます。といっても難解な芸術性ではありません。とても理解しやすいポップな芸術性です。

そのインパクトが、ミュージシャンのプロモーションに最適なのでしょう。Wikipediaをご覧頂くとお分かりいただけますが、ミシェルにミュージック・ビデオの制作を依頼しているのは錚々たる面々です。とりわけビョークの一連のミュージック・ビデオは、彼の名を高からしめた作品として有名。そうそう、リーバイス、GAP、コカ・コーラ、ナイキなどのCM映像なども制作しています。むべなるかな。

ミシェル・ゴンドリー - Wikipedia

ここでは、いくつかの作品をご紹介しましょう。

Kylie Minogue - Come Into My World


ついついカイリー・ミノーグに注目してしまいがちですが(こんな可愛い人なら何人増えてもらっても結構)、背景もこれまた面白い。何度も「発見」できる作品です。

The White Stripes - Fell in Love with a Girl


私の好きなホワイト・ストライプス。兄妹二人(という設定)の轟音ロックです。ミシェル・ゴンドリーの作品は、アナログでありながらデジタルも感じさせる、デジタルでありながらアナログも感じさせる、という部分がありますが、この作品は顕著にそういう部分が表れています。ミシェルはレゴ・ブロックを二人の前に持ち出して、嬉しそうに「こんなのどう?」と企画を話したとか。

The Chemical Brothers - Star Guitar


ミシェル・ゴンドリーの真骨頂でしょう。鈍感な私は、意図を理解するまでに1分近くかかりました。「何が起きるんだろう?」いやいや、最初から「起こっている」。電車の大好きな息子にも大受けのミュージック・ビデオです。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。