宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブリヂストン自転車用チャイルドシートのリコール

あまり塾とは関係ないかもしれませんが、身体・人命の安全に関わることなので、少々取り上げておきます。

我が家でも利用している、ブリヂストン製自転車用チャイルドシートの話です。

ブリヂストン社製自転車用チャイルドシートの足乗せ部が破損し、子どもの足が車輪に巻き込まれて怪我をするという事故が何件か発生したため、同社が昨年の7月頃から同製品のリコール(無償点検・修理)を実施していました。

こういう情報に耳ざとい私は、リコール開始後、即座にブリヂストン社に連絡を取り、近所の自転車店で点検・修理してもらいました(無償)。自転車店はまだご存知でなかった様子でしたが、事情を説明すると、親切かつ迅速な対応をしてくれました。

店の方によると、我が家で利用していた製品も、接合部が断裂寸前だったとのこと。事故や大けがにつながらなくてよかった……。ニュースを知らないと子どもに大けがをさせてしまいかねません。

近日の報道によると、この製品のリコールが進んでおらず、リコール開始後も、事故が10件発生しているとのこと(重傷4件、軽傷6件)。大阪府でも昨年の11月に、3歳の女児が足を自転車の車輪に巻き込まれ重傷を負ったそうなんですが、考えるだけでゾッとします。

我が家のシートも、昨年夏頃の修理だけで大丈夫なのか不安になったので、ブリヂストンに連絡してみたところ、早急に新品と交換して欲しいとの由。先日、近隣の自転車店で無償交換してもらいました。

回収率はまだまだ低いとのことなので、当該製品をご利用中の方は、ぜひぜひ自転車屋さんに相談してみて下さい。

<関連リンク>
鉄製「自転車用リヤチャイルドシート」無償交換のお知らせ

asahi.com(朝日新聞社):自転車幼児座席の破損、リコール後も10件 4人重傷 - 社会
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。