宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローマ字考 : 塾は "juku" or "jyuku" ?

宮田塾のアルファベット表記は "miyatajuku" と定めています。まぁ、別に諸外国に教室を展開するわけでもないので(笑)、どうでもよいとも言えますが、表記の問題としては結構大事な内容を含んでいる気がします。

きっかけはこうです。URL(サイトのアドレス)を決める際、他の塾のURLを色々調べてみると、意外なほどに "juku" を "jyuku" と表記している塾が多い。あまりに多いので、ひょっとして「じゅ」は "jyu" と表記するというルールでも出来たのかと心配になり、色々と調べてみることにしたわけです。

まずはローマ字から。
ローマ字と一言に言っても、様々な規格があります。

1.ヘボン(標準)式
2.日本式
3.訓令式

それぞれの詳しい違いには踏み込みませんが、若干表記方法が異なっています。原則として、社会一般で行われているのがヘボン式、学校で教わるのが訓令式と考えておいて間違いないでしょう。

問題になっている「じゅ」の表記を見てみると、下記の通りです。

1.ヘボン(標準)式 "ju"
2.日本式 "zyu"
3.訓令式 "zyu"

少なくとも、ローマ字表記として "jyu" は間違いということになります。

では、英語風の表記としてはどうでしょう。

思うに、日本語で「じゅ」という感じの発音は 、原則として "ju" と表記されているのではないでしょうか。(不正確を承知でカタカナ発音も書いておきます。)

jubilee (ジュビリー:記念祭)
juice (ジュース)
junior (ジューニア)
jury (ジュリ:陪審)

そういえば柔道も正式な表記は "judo" です。

リーダーズ&リーダーズプラスレベルで調べてみても、「じゅ」という感じの発音を "jyu" と表記している語はほとんど無いように思います。(このあたりの調査は結構いいかげんですが...。見落としていたらすみません。)

とすれば、少なくとも現時点では、塾を "jyuku" と表記するのは間違いじゃないでしょうか。

確かに、パソコンで "jyu" と押すと「じゅ」と出てきます。しかし、これは日本語入力として間違いを正すよりも、「じゅ」と出した方がユーザーにとって便利なので、そういう仕様になっているだけなのだと思います。(これが間違いを広めている大きな要素である気もします。)

かく言う当塾も、出入り口の看板を業者さんにお願いした際、"miyatajyuku" と作られてしまったことがあります。すぐに気分よく、当初にお願いした通りの "miyatajuku" に直してくださったので、無問題でしたが。

ちょっとした表記でもなかなか奥が深い、という話でした。
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。