宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

有馬の紅葉狩り&六甲山牧場

入試も迫ってきているため、授業と授業準備に日々追われているんですが、今月からはそれに並行して来期の体験授業も実施しているため、てんてこ舞いです。忙しいことは有り難いことなんですけどね。

そんな中、なんとか時間を捻出して紅葉狩りに行ってきました。紅葉狩りって、「待て〜!もみじ〜!」と逃げる紅葉ちゃんを捕まえる狩り遊びなんだよ、と息子に説明すると半分信じていたんですが、もちろんそれは嘘です。本当は女優で山村美紗の娘さんと遊ぶことだよ(それは山村紅葉)。

冗談はさておき、有馬・六甲の方に出かけたんですが、日曜日の有馬街道は、この時期大変な渋滞。自宅から新御堂筋→171号線→176号線→宝塚経由で有馬街道に入るというルートは避け、阪神高速→芦有ドライブウェイというルートで有馬にアクセスしました。前者だと高速道路を通らないので安上がりなんですが、さすがに何時間も渋滞に巻き込まれるのは苦痛です。後者のルートを利用して、狙い通り自宅から有馬温泉まで50分弱で到着。

車(といってもレンタカーですが)を駐車場に止め、紅葉の名所、瑞宝寺公園に向かいます。この辺り、ゴミゴミした大阪とは違って空気も良いせいか、紅葉が目に沁みるほど鮮やかです。真っ赤な楓や橙色の落ち葉を眺めながら歩いていると穏やかな気持ちになります。日本的な色彩感覚が喚起されるんでしょうかね。

2012112201.jpg

2012112207.jpg

その後は、宝殿のあたりから六甲山を西に縦走して六甲山牧場へ。私は小学生の頃に行ったきりですから約30年ぶりの訪問です。以前から息子と牧場に行く約束をしていたので、紅葉狩りついでに立ち寄ろうという趣旨です。

私がバイクでどこかに出かける際は、無理矢理に遠回りしてでも峠道をルートに入れるんですが(それがバイク乗りの性だ)、家族と車で出かける際は結構ルートに気を使います。というのも、妻がやたら乗り物に弱いんです。峠道を通ろうものなら、「オエ〜」「気分悪い〜」「まだ着かないの〜」と言われ、その内青い顔をして黙り出すという案配。息子は全然乗り物酔いをしないタイプなので、何も気遣わなくて良いんですが……。

そんなわけで、普段は山道を通らぬようルーティングするんですが、今回ばかりは六甲山の山頂近くにある牧場ですからそうもゆきません。バイクでは慣れ親しんだ六甲山の道ですが、ゆっくりゆっくり車を進めます。ブレーキは早め早めに踏み、アクセルもそろりそろりと。お爺さんのような運転です(笑)。なんとか六甲山牧場まで我慢してもらい、無事到着。

牧場は動物や畜舎以外これといって何もない場所なんですが、それがいいですね。のんびりしていてとても楽しい場所です。呑気に歩いていると「ちょっとそこ、じゃまじゃま!」と言わんばかりの羊に追い抜かれるんですが、その際にプリプリと糞を落として行くのは何か嫌がらせなんでしょうか(笑)。

2012112204.jpg

牧羊犬が羊を追い込むショーを見たり、生まれたばかりの牛やヤギを見たりするのは、なかなか楽しいものです。暖かい季節だともっといいかもしれませんね。

2012112203.jpg

2012112205.jpg

2012112202.jpg

2012112206.jpg
先月生まれたばかりの「乳次郎」(オスのホルスタイン)。

帰りは六甲山から箕谷に降りて阪神高速で。例の如く、私以外の家族は爆睡でございました。




関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。