宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桜散る そして 桜咲く

当塾の裏庭の桜が早くも散り始めました。

2013040401.jpg

2013040402.jpg

2013040403.jpg

2013040404.jpg

2013040405.jpg

毎年見ていますが、やはり桜は美しいですね。

息子と桜の花びらを集めて、桜吹雪ごっこ(というか桜吹雪そのもの)で遊びまくりました。家に帰ってから上着を脱ぐと、あたりが桜の花びらだらけに。叱られました(笑)。

ご存知の方も多いとは思いますが、古典文学の中で「花」とあれば、それは「桜」のことを指します。梅でも橘でもなく桜。昔から日本人の心を捉え続けたのは他ならぬ桜です。「義経千本桜」は桜であってこそ格好が付く。「義経千本梅」ではどうにも格好が付かない。あなたが文楽・歌舞伎好きなら、「道行初音旅」の絢爛たる桜の美が思い浮かぶんじゃないでしょうか。

今年の桜はもう終わりですが、また来年、美しい桜が咲きます。

もしあなたが受験生で、今年の入試が「桜散る」であったとしても、来年は是非「桜咲く」になりますよう。





関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。