宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

慶應義塾大学法学部 合格おめでとうざいます


先程、生徒さんから合格のご報告を頂きました。おめでとう!

慶應義塾大学法学部FIT入試(AO入試)の合格です。今年もスタートから素晴らしい合格報告を頂いて、本当に有り難く思います。

生徒さんの学校からは初の慶應義塾大学法学部合格者とのことで、喜びは倍増です。本当に周囲は関係ないんですよね。ちゃんとしたラインに乗って勉強すれば、必ず合格できるはず。

宮田国語塾、今年はなかなか忙しくて、小論文の授業は一クラスだけしか開講できなかったんですが、そちらを受講してくれていた生徒さんです。1対1のクラスと言うこともあり、かなり受験する大学・学部を意識して授業をしていたんですが、それが一次の書面審査や二次の小論文にいくらかでもお役に立っていれば、この上ない喜びです。



難関大学の小論文の場合、文章の書き方云々も問題となりますが、それ以前にテーマに関する知識が絶対に必要です。逆に言えば、その知識がなければ手も足も出ない問題が多い。どの学部を受験するにせよ、大学初級レベルの知識は必要でしょう。

具体的には、法学部や経済学部ならば、社会科学系の基礎知識。医学部ならば医学と社会の接点に関する知識。文学部ならば人文科学的な基礎知識。そのあたりも当塾はバッチリ指導しています。ある意味、小論文は「(科目としての)国語」ではないと思っているんですが、そこにこそ宮田国語塾の存在意義があると考えています。ちょっと逆説的ですけれど。

どの分野であれ、新しい知識や見解がドシドシ出てくるので、小論文の授業については、当方にもかなりの量の勉強が必要になってきます。時間は有限ですが、準備もおろそかにはできず、いきおい、小論文クラスに関しては、多数の生徒さんを受け入れることが出来ません。結局、ひっそりと裏メニュー的に開講しているのが小論文クラスの実際です。そんなわけで、今のところ、小論文クラスは来年度からしばらくお休みしようかと考えているんですが、有終の美を飾ってくれて、本当に感謝感謝です。

ともあれ、慶應義塾大学法学部は素晴らしい勉学環境だと思います。これからも社会的な視点を持ちながらどんどん勉強して下さい。おめでとうございます!



関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。