宮田塾のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

iGoogleからNetvibesへの移行・書架整理と机上整理

秋たけなわ、良い天気の日はあてもなくフラフラと出かけたくなるんですが、仕事仕事。来期の授業の時間割など、煮詰めて行かねばならない事柄が目白押しです。

さて、日曜日はかねてからの懸案事項だった「書架整理・机上整理」と「iGoogleからNetvibesへの移行」を一気に行いました。

自分の部屋の書架は、随分以前から飽和状態になっていたんですが、高性能なスキャナが出現して以来、大きく状況が変わりました。リファレンス的な書籍は、裁断・スキャンしてPDF書類化した後どんどん廃棄しているわけです。

そんな理由から、この10年来使い続けてきた書架配置を変える必要があったんですが、これがまた面倒くさい。書架は重いし、本も重い、本を並べ直し出すと、順列なんかが気になりますし(O型だがA型と思われること多し)、本を開いてしまうとついつい中身を読んでしまう。いつまでたっても終わらない。

ま、そこは廃棄の達人を自称している私ですから(笑)、エイヤッとばかりに多数の書籍をスキャン処分に回し、書架の配置を大幅に変更。ずいぶんすっきりしました。

ついでに机上も少しシステマティックに変更。電子機器やメモを置くスペースを作り、ケーブル類や付箋紙をきれいにまとめて、こちらもすっきり。別に無印良品にこだわるわけではないんですが、気がつくと収納用品は無印良品ばかりになっています。シンプルで、同じようなデザイン言語で統一されていて、いつでも同等の品がすぐに入手できる、こういうメーカーはもっと増えて欲しいと思います。だいたい、日本のメーカーって商品デザインを変更しすぎだと思うんですよね。デザインにポリシーがないというか。私は馬鹿の一つ覚え野郎ですので、デザインポリシーを頻繁に変更するメーカーには共感できません。いつでも同じ種類の物を入手できるようにして欲しいんですよね。

2013102101.jpg

写真右側の木製引出は、縦にも横にも使えてとても便利です。妻には「何羽小鳥を飼うつもりなのか」と言われました。

小鳥の下宿屋さんなんていい商売かもしれないな、一羽につき下宿料500円もらうとして、6ブースあるから月3000円だな、チュンチュンうるさい奴だと嫌だな、糞をまき散らす奴も嫌だな、上品な小鳥だけ受け入れよう、ネットで広告すればいいかな、無線LAN使い放題とか、猛禽類はいませんとか書けばいいのかな……、結構真剣に考えてしまう自分が情けない(笑)。



さて、私にとってネット上の安住の地だった iGoogle が2013年10月一杯でサービスを終了します。iGoogleは、自分でモジュールを組み合わせて、(あまり聞かなくなった言葉ですが)「自分独自のポータルサイト」を作るというサービスなんですが、ニュースを集めて読むのに最適だったんですよね。サービス開始以来、ニュースのヘッドライン、天気予報、日経平均や為替レート(これらは経済の天気予報だと思っている)、検索急上昇ワードなどを、一瞬でチェックできるページとして重宝していました。メールは見ない日があっても、この iGoogle は利用しない日がなかったぐらいです。

それがいきなりのサービス停止発表。Google という企業は、数々のサービスを立ち上げておいて、不合理だと判断したサービスをガシガシ切り落としていくんですが、まさか iGoogle が廃止されようとは。Google にも色々思惑があるんでしょうけれど……。とりあえず、ギリギリまで使い続けることとして、また廃止直前に何か別のサービスに移行することにしました。

で、時は流れて、廃止まであと10日弱。さすがにお尻に火が付いてあれこれと調べてみたところ、どうも Netvibes に移行している人が多い模様。Yahoo! はあまりにもゴチャゴチャしていて嫌だし、かといって、自分で専用ウェブページを作るのも面倒くさい、でもあれこれニュースや便利な情報を一箇所にまとめてチェックしたい。こうしたニーズには、Netvibes がピッタリなようです。

モジュールをある程度集めた後、要らないものを切り落とし、必要なものはブログパーツのテンプレートから拝借して作成、適宜HTMLをいじって出来上がりです。結構いい感じで移行できました。

2013102202.png

ただ、慣れるまでは iGoogle が恋しい気がします。振られた iGoogle子さんは忘れて、フランス生まれの Netvibes子さんと新たな愛を育みたいと思います(笑)。




関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。